【フランス語の聞き取り力を上げたいなら4つの情報を聞き取りましょう】

フランス語の聞き取り(リスニング)の勉強をしているけど、聞き取りが難しい……。

何を聞けばうまく聞き取れるようになるかな。

 

この記事を読むと、

 

聞き取れればリスニング力が一気に上がる4つの情報とその聞き取り方

 

についてわかるようになります。

 

リスニング力アップの核となる4つの情報

 

結論から書くと、

 

  • 主語
  • 動詞
  • 目的語
  • キーワード

 

の4つに注意を向けてリスニングをすると、

 

リスニング力が上がる

 

ようになります。

 

掘り下げます。

 

主語、動詞、目的語、キーワードがフランス語の聞き取りに重要な理由

 

フランス語には

 

理解には重要でない言葉

 

があります。

 

その代表が冠詞、前置詞

 

です。

 

そしてどの言語でも同じですが、

 

  • 主語(誰が)
  • 目的語(何を)
  • 動詞(どうした)

 

の情報は文の重要な情報です。

そして、

 

話には話者が伝えたいキーワードが必ず含まれている

 

ので、

 

  • 主語
  • 動詞
  • 目的語
  • キーワード

 

の4つの情報に注意してリスニングをするようにすると、話されている内容がわかりやすくなります。

 

※キーワードは、主語、動詞、目的語のどれかだったりもしますが、そうでないときもあるので注意が必要です。

 

4つの重要情報の具体的な聞き取り方

 

結論から書くと、まず

 

主語、動詞、目的語:文の初めに耳を集中させる

 

ことで可能になることが多いです。

 

なぜなら、

 

フランス語は基本的に文の初めに主語・動詞・目的語がある言語

 

だからです。

そのため、ほとんどの場合、文の始まりに注意して耳を傾けるようにすると聞き取れます。

 

そして、キーワードの聞き取りに関しては、

 

  • リスニング問題の場合:先に問題を読んで予想しておく
  • 通常のフランス語のリスニングの場合:聞き取った主語、動詞、目的語から総合して考える・強く(ゆっくり・何度も)読まれた言葉の可能性が高い

 

という2つに分かれます。

 

リスニング力を上げるために聞き取れるようになりたい4つの言葉

 

リスニング力を上げたいのなら、

 

  • 主語
  • 動詞
  • 目的語
  • キーワード

 

の4つの情報に注意してフランス語を聞くようにしましょう。

 

4つの情報に絞ることで、最初から最後まで緊張し続ける必要がなくなるのでおすすめです。

 

リスニングの勉強については、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

もご参考くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語