【フランス語のリスニング勉強方法の3つのコツ】

フランス語のリスニングが難しくて全然できないっ!

なにかコツはないかな?

 

この記事を読むと、

 

フランス語のリスニングを勉強中に意識したい3つのコツ

 

についてわかるようになります。

 

リスニング中に意識したい3つのこと

 

結論から書くと、

 

  1. リズム&メロディ
  2. 発音
  3. 意味

 

の3つを

 

この順番で意識するようにする

 

ことが、リスニングの勉強に重要です。

 

簡単に掘り下げます。

 

リズム&メロディ

 

いわゆるフランス語らしさです。

どうやって発音しているかわからない、意味もわからない。

 

それでも、

 

  • 言葉のメロディやリズムを聞いたらフランス語だとわかる
  • 自分でも再現できる

 

となれるようにするのが、リスニング学習の初期段階の目標です。

 

フランス語のリズムとメロディに慣れておかないと、メロディやリズムにつられて、聞こえてきた音が実際とは違う音に聞こえたりするからです。

 

発音

 

自分が発音できない音は聞いても聞き取れない

 

とよく言われます。

そのため、

 

発音はリスニング力を上げるための根幹の力の1つ

 

です。

 

発音がリズム&メロディの後に来るのは、

 

フランス語のリズム&メロディが身についていない状態で意識できるフランス語の音は日本語の音

 

だからです。

 

たくさん発音の練習をしているのに、

 

片言のフランス語になっている

 

という原因は、

 

フランス語を日本語のリズムとメロディで話している

 

からです。

 

そのため、

 

フランス語のリズムとメロディを身に着けてから発音を勉強する

 

という順番がおすすめです。

 

フランス語の発音の勉強には、

 

  • 調音の知識
  • 実際に音を作る練習

 

が必要になります。

 

外国語であるフランス語の発音を身に着けるには、聞いて真似するという練習方法は二の次。

 

まずは、どのようにフランス語の音を調音したらいいのかという知識(たとえば舌の場所など)が必要になります。

 

その理由を簡単に言うと、

 

  • 外国語の音は日本語の音フィルターを通して聞こえてしまう
  • 理解した音は日本語の音に変換される
  • その音を再現しようとすると日本語の調音方法を使ってしまう
  • 聞こえた音と発音した音は違うものになっている(しかし認識の時点で間違っているために自分では気が付かない)

 

というものです。

 

フランス語の発音を身に着けると、リスニング力も上がります。

 

意味

 

リスニングの最大の目的は、

 

聞いて意味を理解すること

 

です。

 

そしてリスニングができない状態で、僕たちがリスニングを勉強するときに取れる方法は2つ。

 

  • 日本語を読む(訳を読む)
  • フランス語を読む(字幕や台本を読む)

 

です。

 

おすすめは、

 

日本語を読む(訳を読む)

 

です。

 

その理由は、

 

フランス語を読むときの音がリスニングを邪魔する

 

からです。

理由を説明します。

 

多くの人が何かを読むとき、たとえば今このブログの記事を読むときに、頭の中で音が発生していないでしょうか?

 

それと同じことがフランス語を読むときにも起こります。

 

しかし、フランス語のリスニングがまだできていない状態(=フランス語で話せない状態)のときに、フランス語を読んで頭の中に起きる音は、

 

日本語

 

です。

 

しかも、

 

文字という確固とした形のあるもののほうが音よりも印象が強い

 

ので、

 

  • フランス語を聞きながら該当フランス語を読むと『日本語的に読んだフランス語の音』の認識が強くなる
  • 実際に発音されているフランス語への集中が切れる

 

ということが起きて、結局リスニングの勉強にはなっていないとい結果になってしまうことがあります。

 

もちろん、

 

フランス語を聞きながら該当箇所フランス語を読む

 

という勉強方法は、ある程度のリスニングができるようになったあとでは役に立ちます

 

しかし、リスニング力がまだないとき(フランス語を聞いても全然理解できない・話しても通じないという状態)には逆効果

 

むしろ

 

先に日本語訳を読んで意味を理解してからフランス語を聞くようにする

 

ほうがおすすめです。

 

 

フランス語のリスニングの3つのコツ

 

フランス語のリスニング力の向上のために

 

  1. リズム&メロディ
  2. 発音
  3. 意味

 

の3つをこの順番で意識することが必要だと紹介しました。

実際のリスニングの勉強の仕方については、【(徹底解説)フランス語のリスニングのおすすめ勉強方法】でまとめてあるので、よかったらお読みくださいませ。