【(フランス語復習まとめ)法助動詞(vouloir, pouovir, devoir)をわかりやすく】

フランス語のvouloir、pouvoir、devoirって、どう使うの?

 

この記事を読むと、

 

フランス語の法助動詞(vouloir, pouvoir, devoir)

 

についてわかるようになります。

 

フランス語の3つの法助動詞

 

法助動詞というのは、僕たちが作った文に、

 

  • 欲求
  • 可能性
  • 義務感

 

などといった認識を追加できる動詞のことを意味します。

 

たとえば『部屋を掃除する』という内容の文は、

 

  • 部屋を掃除したい
  • 部屋を掃除できる
  • 部屋を掃除しなければならない

 

といったように同じ意味を保ったまま変化させることができます。

 

フランス語でそれに当たるのが、

 

  • Vouloir
  • Pouvoir
  • Devoir

 

の3つです。

 

3つの法助動詞の役割

 

うえで紹介した、

 

  • 欲求
  • 可能性
  • 義務感

 

の3つの認識を、同じく紹介したフランス語に照らし合わせると、

 

  • 欲求(~したい):vouloir
  • 可能性(~かもしれない、~にちがいない):pouvoir, devoir
  • 義務感(~でなければならない):devoir

 

のようになります。

 

可能性としての法助動詞が2つあるので注意が必要です。

 

法助動詞の使い方と活用

 

法助動詞を使った文は、

 

  • 法助動詞+動詞の原形(不定詞)
  • 活用するのは法助動詞
  • 否定の副詞は法助動詞を挟む

 

という文型になります。

 

そしてそれぞれの法助動詞の活用は、

 

Vouloir:

Je veux

Tu veux

Il (Elle) veut

Nous voulons

Vous voulez

Ils (Elles) veulent

 

Pouvoir:

Je peux

Tu peux

Il (Elle) peut

Nous pouvons

Vous pouvez

Ils (Elles) peuvent

 

Devoir:

Je dois

Tu dois

Il (Elle) doit 

Nous devons

Vous devez

Ils (Elles) doivent

 

となります(どれも、je, tu, ilの動詞の活用は発音は同じです)。

 

なのでたとえば、

 

  • Je veux aller en France.:わたしはフランスに行きたい
  • Nous ne pouvons pas nager ici.:ここで泳ぐことはできません
  • Ils peuvent être français.:彼らはフランス人かもしれない
  • Ils doivent être français.:彼らはフランス人にちがいない

 

のようになります。

 

フランス語の法助動詞

 

フランス語の法助動詞の基本は、

 

  • 欲求(~したい):vouloir
  • 可能性(~かもしれない、~にちがいない):pouvoir, devoir
  • 義務感(~でなければならない):devoir

 

という3つ。

 

実は、それぞれ他にも意味があるのですが、基本的な使い方としてはまずはこの3つを押さえておくのがおすすめです。

 

参考は以下の本でした。

 

Nouvelle Grammaire du Français: Cours de Civilisation Francaise de la Sorbonne (フランス語) ハードカバー


 

 

現代フランス広文典[改訂版]


 

せっかく勉強したフランス語を忘れてしまわないためにもネイティブとの会話練習がおすすめです→ベルリッツ・フランス語(現在無料体験実地中)

 

フランス語の勉強ならこちらもおすすめです:

 

ネイティブ講師とフランス語会話を練習するなら
>> ベルリッツ・フランス語(現在無料体験実地中)