【フランス語の聞き取り(リスニング)に才能は必要なのか】

リスニングには才能が必要だと書かれているのを見た……

自分にはないっぽ……

 

この記事を読むと、

 

フランス語のリスニングに才能は必要ではない

 

ことがわかります。

 

 

フランス語のリスニングに才能は必要ない

 

結論から書くと、日本語の聞き取りが問題なくできているのなら、

 

才能がなくてもフランス語のリスニング力の向上には問題はない

 

です。

 

なぜなら日本語の聞き取りができている時点で、

 

音声を聞いて意味を頭で組み立てる

 

という、

 

リスニングで最低限のことができる脳の機能が働いていることがわかるから

 

です。

 

 

フランス語のリスニングの才能

 

とはいえ、フランス語のリスニングが上手になりやすい才能は存在します。

 

それは、

 

いわゆる耳がよい

 

という才能です。

 

歌や曲を聞いて、すぐにきちんとしたメロディに歌詞を乗せることができるタイプの人がこれにあたります。

 

それはなぜかというと、

 

聞こえてきた音の分析が得意であるから

 

です。

 

こういう人は、リスニングの勉強の時にブースターを効かせることができます。

 

しかしだいたいの人は、僕を含め

 

それなりにメロディに歌詞を乗せることができるタイプ

 

ではないでしょうか(僕は音痴なので、微妙かもしれません)。

 

 

特別に才能がなくてもリスニング力を向上させる方法

 

上でも書いたとおり、

 

日本語を聞き取って理解ができているのなら、フランス語のリスニング力の向上は可能

 

です。

 

そして今現在フランス語のリスニングの勉強をしているのに、なかなかうまくならないと感じている場合は、

 

勉強の方法が間違っている

 

ことを疑ってみましょう。

 

たとえば、

 

  • フランス語の個々の音の知識
  • フランス語の音の組み合わせのルール
  • フランス語のメロディやリズムなど

 

についてどれくらい知っているでしょうか。

きちんと

 

すべて説明できる

 

状態にあるでしょうか。

 

そうでない場合、

 

土台ができていないのでうまくならない可能性が高い

 

です。

 

目安は、

 

他人に説明できること

 

です。

 

この最低限の3つを身につけ、

 

  • 単語
  • 文法

 

の力を合わせ、

 

  • リスニングを数多くこなし
  • フランス語の音声だけで意味を理解できるように慣れていく

 

という道筋を辿れば、着実にリスニング力は上がっていきます。

 

 

フランス語のリスニングに才能は要りません

 

日本語を聞き取り意味が理解できるのなら、きちんとした方法で勉強すればフランス語のリスニング力は上げっていきます。

 

才能は不要

 

です。

 

向上しない場合は、

 

リスニングの勉強の仕方が間違っている可能性が高い

 

です。

 

きちんとした勉強方法でリスニングを勉強するようにしましょう。

 

フランス語の聞き取り(リスニング)については、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

もご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。

 

ベルリッツ