【フランス語会話が簡単にできるようになるための勉強方法】

簡単にフランス語会話ができるようにならないかな……?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話が簡単に身につく勉強方法

 

についてわかるようになります。

 

簡単にフランス語会話ができるようになる方法

 

結論から書くと、

 

簡単なフランス語会話の経験を積み上げていく

 

ことによって、

 

フランス語会話が簡単にできるようになっていく

 

ようになります。

 

掘り下げます。

 

簡単なフランス語会話の練習の積み上げ

 

フランス語会話ができるようになりたいと思うとき、僕たちフランス語学習者の頭の中にあるのは、

 

話したいことをフランス語で話せるようになっている自分自身

 

かと思います。

 

しかしフランス語会話ができるのに必要なのは、

 

  • 日常フランス語会話の力
  • 話したいことについてフランス語で会話できる力

 

の2つです。

 

そして、

 

日常フランス語会話ができるようになること

 

は、

 

  • 限定された語彙
  • 文法の簡単さ

 

という2つの条件によって、

 

会話の練習の回数を積めば比較的簡単に身につけられる

 

ようになっています。

 

なぜなら、日常会話でのやりとりは

 

  • ある程度決まったやり取りの中に収まる
  • 再現性が高い
  • 何度も繰り返す

 

からです。

 

ですから、まずは

 

日常フランス語会話の力

 

を身につけるようにします。

 

日常フランス語の具体的な勉強方法

 

日常フランス語会話を身につけるには、

 

  1. 発音
  2. 仏検3級レベル程度までのの単語
  3. 仏検3級レベル程度までの決まりフレーズ
  4. 仏検3級レベル程度までの文法
  5. 仏検3級レベル程度までのリスニング

 

の5つをインプットしたあとで、

 

実際にネイティブとフランス語会話の練習をする

 

ことが必要になります。

 

仏検3級レベル程度までのフランス語と強調してあるのは、

 

仏検3級までで勉強するフランス語は主に簡単な会話ができるためのフランス語である

 

からです。

 

インプットを通じて、

 

  • フランス語会話の練習相手の簡単なフランス語をリスニングで聞き取り理解できる
  • 理解したフランス語に対して返答ができるようになる

 

ことが目標となります。

 

ちなみに5つのインプットに関しては、

 

完璧なインプットは必要ない

 

です。

 

なぜなら、

 

  • ネイティブとフランス語会話の練習をする際に必要に応じて覚えていく
  • ネイティブ講師によって直される

 

のが一番の目的だからです。

 

というのは、

 

非ネイティブはインプットだけをしてもフランス語を話せるようにはならない

 

からです。

 

実際の会話練習を通じてアウトプットし、インプットした5つの力をネイティブに通じるように調節して身につけていく

 

のが、唯一僕たち

 

非ネイティブがフランス語会話のための力を身につける方法

 

だからです。

 

簡単にできるフランス語会話を身につけましょう

 

フランス語会話の種類には、

 

  • 日常フランス語会話
  • 話したいことについてのフランス語会話

 

の2つがあり、そのうちの

 

日常フランス語会話の練習

 

に集中すれば、

 

  • 限定された語彙
  • 文法の簡単さ

 

によって、

 

比較的楽にフランス語会話ができる

 

ようになります。

 

必要なのは

 

  1. 発音
  2. 中学フランス語の単語
  3. 中学フランス語の決まりフレーズ
  4. 中学フランス語の文法
  5. 中学フランス語のリスニング

 

の5つをインプットしたあとで、

 

実際にネイティブとフランス語会話の練習をする

 

ことです。

 

フランス語会話の勉強に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

もご参考くださいませ。

 

ベルリッツ