【フランス語の勉強のために、日本語の字幕を付けてフランス語の動画を見たほうがよい人】

フランス語の勉強のために、フランス語の動画は日本語字幕をつけないようにしてがんばってるけど、これで大丈夫?

 

この記事を読むと、

 

フランス語の勉強のために、日本語字幕を付けたほうがよい段階

 

についてわかるようになります。

 

中上級までは日本語字幕を付けたほうがよいです

 

フランス語の勉強のためにフランス語の動画をみる場合、

 

中級のレベルになるまでは日本語字幕付きで見る

 

のがよいです。 

 

中級のレベルとは、

 

  • DELF-B1からB2手前
  • フランス語検定準1級

 

辺りです。

 

具体的に言うと、

 

フランス語の

 

  • 会話に必要な文法
  • 会話に必要な単語
  • フランス語の会話に必要な表現

 

の勉強が済んでいるレベル

 

です。

 

フランス語会話に必要な勉強が済んでいるのに日本語字幕があったほうがよい理由

 

フランス語中級レベルに達している人に日本語字幕があったほうがよい理由は、

 

フランス語を音声で理解する経験をつむため

 

です。

 

なぜなら、 

 

DELF-B2に合格しても聞き取れないフランス語の量は多い

 

ことがあるからです(僕もそうでした)。

 

というのは、

 

  • 決まった場面で
  • 明瞭で
  • 適度な速度

 

で話されるようなフランス語は、それまでの勉強で慣れて聞き取れることが多いのですが、

 

  • 色々な場面での
  • 色々な人間関係の
  • 日常的なフランス語

 

 

音声で理解する経験が圧倒的に足りていない

 

からです。

 

そのため、

 

  • フランス語音声
  • 日本語字幕

 

でフランス語の動画を見ることがよい訓練になります。

 

日本語字幕を使った具体的な勉強方法

 

ただ単に日本語字幕を付けてフランス語動画を見ていても、楽しいだけで終わってしまいます。

 

フランス語の勉強のために日本語字幕付きの動画を見る際は、

 

  • 日本語字幕で一瞬で意味を理解
  • 字幕から目を離す
  • 音声に集中

 

を繰り返します。

 

日本語字幕は、

 

意味を理解するためだけの道具

 

にすぎません。

そのため、

 

意味さえ把握できればしっかり読む必要はない

 

です。

 

どんなことをどんなフランス語の音声で言っているのかに慣れる

 

ことが一番たいせつなので、

 

日本語字幕を読みすぎない

 

ことに注意しましょう。

 

ちなみに、

 

どんなフランス語言葉が使われているかわからない

 

ということが起きますが、この段階ではその場合も気にしないで動画を進めましょう

 

なぜなら、

 

  • 必要な言葉の意味は日本語字幕で確認できている
  • キーワードは何回も使われるので音声でわかるようになる
  • スペルより音声で理解しているほうが大切

 

だからです。

 

日本語字幕を付けてフランス語動画を見ましょう

 

日本語字幕を付けてもフランス語の動画でフランス語を勉強することはできます。

 

むしろ、中級レベルぐらいまでは日本語字幕のほうがよいです。

 

日本語字幕を付けてフランス語の音声理解に集中

 

して、フランス語の力を伸ばしましょう。

 

日本語字幕のあるフランス語動画については、

 

 

 

 

 

でまとめたので、ご参考くださいませ。