【フランス語のリスニング中に眠くなる原因と解決法】

フランス語のリスニング(聞き取り)をしていると、ついうとうとしちゃうけど、どうして?

 

この記事を読むと、

 

リスニング中に眠くなる原因と解決方法

 

についてわかるようになります。

 

リスニング中に眠くなる1つの原因

 

結論から書くと、毎回リスニング中に限って眠くなるのなら、

 

リスニングのために脳を使いすぎている可能性が高い

 

です。

 

脳を使うことはいいことです。

しかし、使いすぎの場合は、

 

リスニングの勉強方法を変える

 

ことを視野に入れたほうがいいかもしれません。

 

リスニングのために脳を使いすぎている状態

 

フランス語のリスニング中には、

 

単語・文・文章を音で聞き取り、理解する必要

 

があります。

 

リスト化すると、

 

  • 単語の音
  • 単語の意味
  • 文の音
  • 文(文法)の意味
  • 文章の音
  • 文章の意味

 

の6つのことをする必要があります。

 

そのため、どれかの聞き取りや理解の力が不足していると、脳がパンク状態になって速攻で疲労が溜まり、眠くなってしまいます。

 

※ちなみに文章の音と意味とは、長文の音と意味のことを意味しています。

 

リスニング中に脳を使いすぎないようにするための勉強方法

 

リスニング中に脳のパフォーマンスを適度にして眠くならないようにするには、

 

  • 単語の音
  • 単語の意味
  • 文の音
  • 文(文法)の意味
  • 文章の音
  • 文章の意味

 

の6つの中で不足している力を『個別に』補っていくことです。

 

コツは、

 

単語:

・音を覚える

・音を意識しながら意味を覚える

 

文(文法):

・文法を理解し、自分でも文を作れるように練習

・その文法が使われている1つの文を、文法を考えなくても理解できるくらいにリスニングを繰り返す

 

文章:

単語と文(文法)の力を補ったあとに、音だけで文全体の意味が理解できるまでリスニングを繰り返す

 

というものです。

 

この方法を繰り返すことにより、徐々にリスニング中の脳の負担が減っていき、リスニングをしても眠くなりにくくなります。

 

勉強方法を変えてリスニング中に眠らないようにしましょう

 

リスニング中に眠くなってしまう原因は、

 

リスニングのために脳がオーバーワークしてしまっているから

 

でした。

 

オーバーワークの原因は、

 

  • 単語の音
  • 単語の意味
  • 文の音
  • 文(文法)の意味
  • 文章の音
  • 文章の意味

 

の聞き取り力や理解力が不足しているから

 

です。

 

解決するには、

 

不足している聞き取り力と理解力を個別に補強していく

 

ことでした。

 

力まなくても聞き取れるフランス語の音を増やし、脳の負担を減らし、リスニング中に眠くならないようにしましょう。

 

フランス語の聞き取り(リスニング)の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

もご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語