【(まとめ)フランス語の不規則動詞(pouvoir, vouloir)の現在形活用の簡単な覚え方】

pouvoirとvouloirの活用が覚えられない!

 

この記事を読むと、

 

フランス語の不規則動詞pouvoirとvouloirの現在活用形の簡単な覚え方

 

についてわかるようになります。

 

devoirは忘れる

 

フランス語の教科書には用法的なつながりで、

 

  • pouvoir(できる)
  • vouloir(したい)
  • devoir(しなければならない)

 

の3つをまとめて覚えるようにしているものが多いです。

 

しかし、活用に限った話をすると、

 

pouvoir

vouloir

 

の2つをまとめて覚えるようにして、

 

devoirは別に覚えたほうがよい

 

です。

なぜなら、devoirだけが活用の方法が大きく違うからです。

 

たとえば1人称活用だけ書き出してみるとdevoirは

 

je dois

 

ですが、pouvoirとvouloirは

 

je peux

je veux

 

です。

動詞の原型(不定詞)の形は似ているのに、不思議なものです。

 

フランス語の動詞の活用の覚え方のコツ

 

フランス語の動詞の覚え方のコツは、

 

  1. 書き方と音の数を整理する
  2. 音を覚える
  3. 書き方を覚える

 

というステップを踏むものです。

 

その理由は、

 

  • 活用した動詞の形と音が違っている
  • スペルと音は一致していない
  • スペルを先に覚えてしまうと文字に音がつられてしまう

 

ということがあるからです。

 

Pouvoirの現在形活用の簡単な覚え方

 

pouvoirには、

 

書き方:5

音:4

 

があります。

 

pouvoir

 

je peux

tu peux

 

il (elle) peut

nous pouvons

vous pouvez

ils (elles) peuvent

 

と、

 

je peux

tu peux

 

が同じ活用なので全部で4つです。

 

またpeuで始まるもの、pouで始まるものの2つに大別できます。

 

pouvoirの音は4つです。

 

pouvoir

 

je peux

tu peux

il (elle) peut

 

nous pouvons

vous pouvez

ils (elles) peuvent

 

と、

 

je peux

tu peux

il (elle) peut

 

の3つは発音が同じなので、4つになります。

実際に音声で確認してみましょう。

 

 

vouloirの現在形活用の簡単な覚え方

 

vouloirには

 

書き方:5

音:4

 

があります。

 

vouloir

 

je veux

tu veux

 

il (elle) veut

nous voulons

vous voulez

ils (elles) veulent

 

と、

 

je veux

tu veux

 

の2つが同じ書き方なので、全部で5つの書き方があることになります。

また、vouで始まるものとveuで始まるものの2つのタイプがあります。

 

vouloirの現在形活用の音の数は4つです。

 

vouloir

 

je veux

tu veux

il (elle) veut

 

nous voulons

vous voulez

ils (elles) veulent

 

 

je veux

tu veux

il (elle) veut

 

の音が同じなので、全部で4つになります。

実際に音声で確認してみましょう。

 

 

pouvoirとvouloirの現在形活用を覚えると

 

比較的に似ている活用をするpouvoirとvouloirは同時に覚えることができます。

 

覚えたあとで、devoirの活用を覚えるようにすると迷わずに済みます。

 

※初級者のフランス語の動詞の活用に関しては、アテネ・フランセ フランス語動詞変化表がおすすめです。

 

 

 

詳しくは【フランス語の動詞の活用を覚えたい人へおすすめな本―『アテネ・フランセ フランス語動詞変化表』】をご覧くださいませ。