【寝ながらフランス語の聞き取り(リスニング)の力を上げる1つの方法】

え?寝ながら楽にフランス語の聞き取り(リスニング)の勉強ができるんですか?

 

この記事を読むと、

 

寝ながらリスニングで効果が出る方法

 

についてわかるようになります。

 

寝ながらリスニングで効果を上げる1つの方法

 

結論から書くと、

 

寝るちょっと前から聞いているフランス語の単語や決まり文句

 

は、

 

記憶に残りやすい

 

ので、効果があります。

 

掘り下げます。

 

寝るちょっと前からのリスニングが効果がある理由

 

いわゆる睡眠学習のときは、寝る前から音声を設定します。

そして、

 

睡眠中の学習は無意味

 

ですが、

 

音声を流してから睡眠に至るまでの時間の勉強には意味がある

 

とされます。

 

なぜなら、

 

  • 寝る直前は他にすることがないので音声に集中しやすい
  • 寝る直前に聞いていたという記憶の助けで思い出しやすい
  • 起きている時の記憶は寝ている間に整理される

 

というのがあるからです。

 

というのは、人が

 

  • 意識していたこと
  • 関連していること

 

から記憶の強化をし、

 

  • 寝ている間に短期の記憶(その場の記憶)を長期記憶(ずっと使える記憶)に変化させる脳を持った生物

 

だからです。

 

気を付けたい意味のない睡眠学習教材とは

 

寝ながらリスニングで気を付けたいのは、

 

調べ物ができない

 

ということです。

 

できない、というよりは、しない、のほうが正しいのかもしれません。

調べ物をした時点で寝ながら学習ではないからです。

 

そしてそのために、

 

調べ物をしなくてもよい音声教材を使う

 

のが大切です。

 

たとえば、

 

  • フランス語の単語の音声
  • フランス語の決まり文句の音声
  • 文法の解説などもあるNHKのラジオ講座

 

といった、

 

単純な内容のもの

 

がおすすめです。

 

反対に、

 

決まり文句でもないフランス語の文+日本語訳の音声

 

は、

 

  • 決まり文句ではない
  • 文法の説明などがない

 

のであまり意味がありません。

 

それは、

 

使い道が決まり文句よりも限定的で、単語の意味や文の構造を理解できないから

 

です。

 

睡眠学習でリスニング力を上げたいのなら

 

睡眠学習でリスニング力を上げたいのなら、

 

  • 音声教材を設定して寝るまでの時間
  • 使う教材の内容は単純なもの

 

に注意してするようにしましょう。

 

フランス語の聞き取り(リスニング)の勉強の仕方に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

もご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語