【フランス語会話の初心者のための3つのコツ】

フランス語会話初心者なんだけど、なにか話すときのコツってあるかな?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話初心者から始めたい話すときの3つのコツ

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話の初心者はこの3つのコツを使いましょう

 

結論から書くと、

 

  • 文を短くする
  • フランス語っぽく話す
  • フランス語が理解できた・通じた場合はオーバーリアクション気味で反応する

 

という3つのコツにより、

 

フランス語会話初心者でも比較的スムースにフランス語会話を行える

 

ようになります。

 

掘り下げます。

 

文を短くする

 

話すときの一つの文は短くしましょう。

僕もありましたが、フランス語会話初心者は、

 

話したい内容の日本語をすべてフランス語化しようとする

 

という傾向があります。

 

しかし、まだフランス語の文を口頭で作ることに慣れていないレベルの間は、

 

  • 主語+動詞
  • 主語+動詞+目的語

 

に、ouiやnon,そして副詞+1、2単語ぐらいの文にしましょう。

 

実際のネイティブの会話でも、一文の短い文をいくつか組み合わせていることが多いです。

 

フランス語っぽく話す

 

フランス語を話すとき、個々の音やアクセント、イントネーションだけでなく、

 

フランス語っぽく話す

 

ようにしてみましょう。

 

具体的には、

 

  • フランス語のメロディ
  • フランス語のリズム

 

という、

 

フランス語らしさを作っている音の情報

 

を自身のフランス語に追加します。

 

これがないまま話すと、僕たち日本人は日本語らしさを作るメロディとリズム(つまりフランス語をカタカナ発音にした日本語)で話してしまうので、気をつけましょう。

 

フランス語が理解できた・通じた場合はオーバーリアクション気味で反応する

 

フランス語会話が初心者であることは、会話相手にもすぐに伝わります。

 

そういう場合、

 

  • 相手が話したフランス語が理解できた
  • 自分が話したフランス語がきちんと相手に伝わった

 

かどうかがコミュニケーションの肝となります。

 

そのため、

 

僕らフランス語会話初心者側がオーバー気味にリアクションして相手に伝える

 

ことによって、

 

会話コミュニケーションがスムースに行える

 

ようになります。

 

ちなみに個人的には、

 

Ah, oui! oui! ouiii!

 

のような反応を昔していたことを覚えています(笑)。

 

注意したいことは、

 

  • 相手のフランス語を理解できなかった
  • 自分のフランス語がきちんと理解されなかった

 

場合は、もう一度トライするということです。

 

特に僕たち日本人は、曖昧にして終わらせようとすることが多いので、メリハリあるリアクションを心がけましょう。

 

フランス語会話の初心者なら

 

フランス語会話の初心者の場合は、

 

  • 文を短くする
  • フランス語っぽく話す
  • フランス語が理解できた・通じた場合はオーバーリアクション気味で反応する

 

という3つのコツを使いながら、フランス語会話の技術を磨いていくのがおすすめです。

 

フランス語会話全体の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

もご参考になるかと思うので、合わせてご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語