【(まとめ)フランス語の不規則動詞mettre, battreの現在形活用の簡単な覚え方】

mettreとかbattreの活用がよくわからない!

何か覚えやすい方法はないかな?

 

この記事を読むと、

 

mettre, battreの現在形活用の簡単な覚え方

 

についてわかるようになります。

 

フランス語の動詞の活用が覚えにくい2つの原因

 

フランス語の活用は学習者なら誰でも頭を悩ませます。

その原因は、

 

  • 人称の数(6)と音の数と書き方の数が違う
  • 書き方と音が違う

 

というものではないでしょうか。

そのため、

 

  1. 音の数と書き方の数を整理する
  2. 音から覚える
  3. 書き方を覚える

 

という3つのステップをたどるのがよいかと思います。

 

また、不規則活用をする動詞に関しては

 

似た活用をするものはまとめて覚える

 

ようにするのがよいです。

 

というわけで今回は、

 

mettre(置く)

battre(叩く)

 

を取り上げます。

 

mettreの現在形活用の簡単な覚え方

 

mettre(置く)には、

 

音:4

書き方:5

 

があります。

 

mettre(置く)

 

je mets

tu mets

 

il (elle) met

 

nous mettons

vous mettez

ils (elles) battent

 

のように、

 

je mets

tu mets

 

の2つが同じなので、全部で5つの書き方があります。

 

音に関しては、

 

mettre(置く)

 

je mets

tu mets

il (elle) met

 

nous mettons

vous mettez

ils (elles) battent

 

のように、

 

je mets

tu mets

il (elle) met

 

の3つが同じなので、全部で4つの音があります。

 

実際に音を聞いてみましょう。

 

 

そして、mettreの活用の仕方はbattre(叩く)と同じです。

最初のmeとbaが違うだけです。

 

確認しましょう。

 

 

battreの現在形活用の簡単な覚え方

 

battre(叩く)には

 

音:4

書き方:5

 

があります。

 

battre(置く)

 

je bats

tu bats

 

il bat

nous battons

vous battez

ils (elles) battent

 

 

je bats

tu bats

 

の2つが同じなので、全部で5つの書き方があります。

 

音に関しては、

 

battre(置く)

 

je bats

tu bats

il bat

 

nous battons

vous battez

ils (elles) battent

 

 

je bats

tu bats

il bat

 

の3つが同じなので、全部で4つの音があります。

 

活用の仕方はmettreと同じです。

単語の初めのbaがmeになっただけです。

 

参考:

mettre(置く)

 

je mets

tu mets

il (elle) met

 

nous mettons

vous mettez

ils (elles) battent

 

実際にbattreの活用を聞いてみましょう。

 

 

mettre, battreの活用を覚えると

 

基本動詞であるmettreとbattreの現在形活用を覚えると、フランス語の理解力と表現力が増えます。

 

  1. 音と書き方の数の整理をする
  2. 音から覚える
  3. 書き方を覚える

 

という3ステップでぜひ覚えるようにしましょう。

 

※初級者のフランス語の動詞の活用に関しては、アテネ・フランセ フランス語動詞変化表がおすすめです。

 

 

 

詳しくは【フランス語の動詞の活用を覚えたい人へおすすめな本―『アテネ・フランセ フランス語動詞変化表』】をご覧くださいませ。