【知っているフランス語の単語が聞聞き取れない3つの原因】

フランス語の聞き取り(リスニング)を勉強しているけど、知っている単語が聞き取れない。

どうして?

 

この記事を読むと、

 

すでに知っているフランス語の単語がリスニングをすると聞き取れない3つの原因

 

についてわかるようになります。

 

勉強済みの単語がリスニングになると聞き取れない3つの原因

 

結論から書くと、

 

  • 発音の勘違い
  • 発音のバリエーションへの不慣れ
  • 発音の変化の知識がまだない

 

の3つが原因で、

 

知っている単語が聞き取れない

 

可能性があります。

 

掘り下げます。

 

発音の勘違い

 

リスニング中に聞き取れなかった単語をスクリプトや台本で確認したとき、

 

発音違うんじゃないの?

台本間違ってるんじゃないの?

 

などと思った場合は、多くの場合、

 

単語の発音を間違って覚えている

 

ことが多いです。

 

この単語はこう発音するという思い込み

 

のせいで聞き取れないことがあります。

 

発音のバリエーションへの不慣れ

 

リスニング中に話している人の声はさまざまです。

というのは、

 

  • 男性の声
  • 女性の声
  • おばちゃんの声
  • おじさんの声
  • 急いでいる人の声
  • 疲れている人の声
  • 落ち込んでいる人の声
  • 元気な人の声
  • フランス出身の人の声
  • カメルーン出身の人の声
  • アルジェリア出身の人の声
  • ベルギーの人の声

 

……などなど、

 

様々な人が発する同じ単語の音が違うことがあたりまえ

 

だからです。

日本語でもそうです。

 

そういったフランス語の音のバリエーションに慣れていない場合

 

知っている単語が聞き取れないことがあります。

 

発音の変化の知識がまだない

 

フランス語の発音には、各単語の発音以外にも次に紹介するようなルールがあります。

 

代表的なものは、

 

リエゾン:単独では音のない単語の語末の子音が続く単語の母音に影響されて音がでる

アンシェヌマン:単独でも音のある単語の子音や母音が続く単語の母音によって色々変化する

 

などです。

 

このような知識は、

 

ただリスニングをしているだけでは理解しにくい

 

ので、

 

知識として勉強→練習

 

してから臨むようにしましょう。

 

知っている単語が聞き取れない原因を知りましょう

 

すでに勉強済みのフランス語の単語が聞き取れない場合、

 

  • 発音の勘違い
  • 発音のバリエーションへの不慣れ
  • 発音の変化の知識がまだない

 

がある可能性が高いです。

 

もしあてはまるものがあれば、改善するようにしましょう。

 

フランス語の聞き取り(リスニング)の勉強に関しては、

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

もお役に立つかと思うのでご覧くださいませ。

 

 

ベルリッツ