【フランス語ニュースの聞き流しでリスニングの勉強を失敗する3つの原因】

いつも部屋でフランス語のニュースを流してる。

四六時中流しっぱだから、リスニング力はそのうち上がっていくよね。

 

この記事を読むと、

 

フランス語ニュースを聞き流してもリスニング力が上がらない3つの原因

 

についてわかるようになります。

 

フランス語ニュースを流していてもリスニングに効果がない3つの原因

 

結論から書くと、

 

  • 意識や注意が向いていない
  • ニュース用のフランス語を勉強済みじゃない
  • 世界の社会情勢についてあまり知らない

 

という3つの原因によって、フランス語ニュースを聞いていてもリスニング力が上がらないことがあります。

 

たとえ文法や単語力的にフランス語レベルが中上級レベルであっても、同じような原因でリスニング力の向上に無意味なことがあります。

 

掘り下げます。

 

意識や注意が向いていない

 

部屋でフランス語ニュースを流しっぱにしても、

 

意識や注意が向いていなければ何も記憶されない

 

ように僕たちのはできています。

 

そのため、そもそも

 

聞き流しをしながら大量にフランス語に触れても無意味

 

ということが起きます。

 

ニュース用のフランス語を勉強済みでない

 

フランス語ニュースでは、

 

日常会話や学術フランス語とは違う単語や表現

 

が使われています。

そのため、

 

ニュースでよく使われるような語彙を覚えておく必要

 

があります。

 

とはいえ、ニュースは日々更新されるので、単語帳などでまとめて覚えても、アップデートが常に必要になります。

 

世界の社会情勢についてあまり知らない

 

意味に関わることです。

 

話されているニュースの内容に関して背景知識がない

 

と、

 

たとえフランス語が聞き取れても訳が分からない

 

ということになります。

 

そしてフランス語ニュースで流れてくる内容は、

 

日本のワイドショーで流れているようなものとはまったく違う

 

ことがあることに注意が必要です。

 

地政学や世界で問題になっている社会問題についての知識

 

については、新聞を読んだり、トピックについての本を読んだりして

 

日頃から知識を深めておく必要

 

があります。

 

そのため、新聞を読んだり、地政学に興味がないといった場合は、

 

そもそもニュースフランス語ではなく別のジャンルの音源でリスニング力を鍛える

 

ということも視野に入れたほうがよいかと思います。

 

フランス語ニュースでリスニング力向上に効果を持たせる方法

 

結論から書くと、

 

  • 地政学や世界的な社会問題などについて知識を深める
  • ニュースに使われる英単語や表現に慣れる
  • 意識と注意を向けてフランス語ニュースを聞く

 

ということを繰り返すと、ニュースフランス語でリスニング力が上がっていきます。

 

ただし、

 

ニュースフランス語と日常会話や学術フランス語は違うジャンル

 

であるので、それぞれ

 

別個にリスニングの勉強をする必要

 

があります。

 

フランス語ニュースを聞き流してもリスニング力は上がりません

 

フランス語ニュースを使ってリスニング力を上げたいのなら、

 

  • 聞き流しをしない
  • ニュースフランス語を勉強する
  • 世界情勢や社会問題に関する知識を深める

 

必要があります。

 

僕もそうでしたが、ただ流しているだけではまったくリスニング力はあがりません

 

ちなみに、

 

ジャンルが違うのでフランス語日常会話力もあがらない

 

ということも経験しました。

 

リスニングの全体的な勉強方法については、

 

【(徹底解説)フランス語のリスニングのおすすめ勉強方法】

 

もご参考になるかと思うので、ぜひお読みくださいませ。