【(まとめ)フランス語のir型動詞の活用(現在形)の簡単な覚え方】

フランス語の動詞の活用が覚えられない!

er型を覚えたら、次はir型って……混乱しちゃう!

 

この記事を読むと、

 

ir型動詞(第二群規則動詞)の活用の覚え方

 

についてわかるようになります。

 

フランス語のir型動詞の活用が覚えにくい理由

 

フランス語では

 

  • 第1郡規則動詞
  • 第2郡規則動詞
  • 第3群動詞

 

という仰々しいカテゴリー名で動詞が分けられています。

 

簡単に書くとそれぞれ、

 

・第1郡規則動詞=単語の最後がerで終わり同じ活用をする動詞のグループ(mangerとか)

 

・第2郡規則動詞=単語の最後がirで終わり同じ活用する動詞のグループ(finirとか)

 

・第3群動詞=上の二つのグループに入らない動詞(erやirで終わっているのに活用が不規則なものを含む)(ouvreとか)

 

というものです。

 

そして、僕たちフランス語学習者が一番初めに覚えるのが、単語の最後がerで終わり同じ活用をする動詞のグループの活用かと思います。

 

しかしぶっちゃけ、このer型で終わる動詞の活用を覚えた時点でやりきった感があり、つぎのir型の活用とかその他の活用を覚えようとすると、微妙な抵抗感があることもあるのではないでしょうか。

 

それは、

 

  • 活用するときの文字の種類の数
  • 活用するときの音の種類の数

 

が一致していないのが理由かと思います。

 

er型動詞の活用を覚えた時のあの変な気持ちをもう一度味わいたくない!

 

という気持ちがあったりしませんでしょうか。

とは言っても、活用を覚えなければフランス語はどうにもなりません。

 

というわけで、第一群規則動詞の活用を覚えたあと、さらに動詞の活用を覚えるのが億劫になっている方に向けた方法です。

 

ir型規則動詞の現在形の活用の簡単な覚え方

 

結論から書くと、ir型規則動詞の活用には

 

  • 書き方の活用の種類:5
  • 音の活用の種類:4

 

があります。

 

掘り下げます(以降、動詞Finirを使って説明していきます)

 

書き方の活用の種類は5つ

 

  • 単数人称:2つ
  • 複数人称:3つ

 

の合計5つの書く活用の種類があります。

 

FINIR(終える)

※活用の種類が変わるところに行を1段開けています

 

je finis

tu finis

 

il / elle finit

 

nous finissons

 

vous finissez

 

ils / elles finissent

 

動詞の最後の文字であるrが、

 

s

s

t

ssons

ssez

ssent

 

と変化しているので、人称の数が6つでも書く活用の種類としては5つしかありません。

 

音の活用の種類は4つ

 

単数人称:1

複数人称:3

 

の4つのの活用の種類があります。

 

FINIR(終える)

※音の形が変わるところに行を1段開けています

 

je finis

tu finis

il / elle finit

 

nous finissons

 

vous finissez

 

ils / elles finissent

 

というふうに分かれています。

 

je finis

tu finis

il / elle finit

 

3つでの活用が同じ音であるので、残りのfinisson, finissez, finissentを合わせて4つの音となります。

 

と、文字だけ読んでいても分かりにくいので、動画をどうぞ(12~24秒の箇所)

 

 

 

 

ir型動詞の現在形の活用の方法を覚えてしまうと

 

つぎの第三群動詞の活用を覚えていくのにも抵抗感がなくなっていくかと思います。

 

活用表だけを見てひたすら覚えていくのではなく、

 

  • 音の種類の数
  • 書き方の種類の数

 

を先に確認して意識しながら覚えていくのがよいかと思います。

 

※初級者のフランス語の動詞の活用に関しては、アテネ・フランセ フランス語動詞変化表がおすすめです。

 

 

 

詳しくは【フランス語の動詞の活用を覚えたい人へおすすめな本―『アテネ・フランセ フランス語動詞変化表』】をご覧くださいませ。