【独り言でフランス語会話を勉強する方法】

フランス語を独りでつぶやいている勉強方法って役に立つのかな?

 

この記事を読むと、

 

独り言でフランス語会話を勉強する方法

 

についてわかるようになります。

 

独り言でできるフランス語会話の練習のメリット

 

結論から書くと、

 

  • フランス語が出やすくなる
  • 予習に使える
  • 自分ができないことの確認ができる

 

という3つの点で、

 

独り言でのフランス語会話の練習のメリット

 

があります。

 

掘り下げます。

 

フランス語が出やすくなる

 

フランス語を話せるようになるのに必要なことの1つに、

 

フランス語を話すための口元の筋肉の発達

 

があります。

 

そして、独り言でフランス語を話す練習をする場合は、

 

際限なく口元を動かせる

 

ので、

 

筋肉を発達させやすく

 

できます。

 

予習に使える

 

実際のフランス語会話の練習などで話す前に、話したいことをフランス語で準備しておくことがあります。

 

そういうときに、独り言でフランス語を話す練習をすると、

 

実際にフランス語を話すときに予習

 

になります。

 

  • 使いたい単語
  • 使いたい文

 

を何度も口に出して言うことで、覚えておけるようになります。

 

自分ができないことの確認ができる

 

実際のフランス語会話を想定して独り言でフランス語の練習をすると、

 

  • 足りない単語
  • 足りない文法知識

 

がわかるようになります。

 

実際のフランス語会話の場面で使うか使わないかは別としても、

 

自分がフランス語で話したいことに不足している単語と文法

 

を事前に知ることができます。

 

独り言でフランス語会話を勉強するさいの3つの注意点

 

独り言でフランス語会話を勉強するときには、注意点が3つあります。

 

それは、

 

  • 発音が合っているか判断できない
  • 単語の選択が合っているか判断できない
  • 文法が合っているか判断できない

 

という3つの判断です。

 

特に、お手本などを使わずに、

 

自分がフランス語で話したいこと

 

を独り言で練習するさいにこの問題は起きます。

 

なぜなら、よほどのレベルでない限り、非ネイティブには判断が不可能だからです。

 

そのため、独り言でのフランス語会話の練習だけでなく、

 

実際にネイティブとフランス語で話す練習

 

も必要になります。

 

独り言でフランス語会話を練習するなら

 

独り言でフランス語会話を練習すると、

 

  • フランス語が出やすくなる
  • 予習に使える
  • 自分ができないことの確認ができる

 

という3つのメリットがあります。

 

しかし、

 

実際にネイティブとフランス語で話す練習

 

をしないと、

 

発音・単語・文法の正しさの判断ができない

 

という注意点があります。

 

フランス語会話の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

もご参考になるかと思うので、合わせてご覧くださいませ。

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語