【フランス語の聞き取りの勉強をするなら発音から】

聞き取り(リスニング)って聞くだけで簡単だから、すぐに勉強を始められそう。

 

この記事を読むと

 

リスニングのためには発音の勉強をしておいたほうがよい

 

ことについてわかるようになります。

 

リスニング力を支える発音

 

結論から書くと、

 

フランス語のリスニングの力を伸ばしたいのなら、発音の勉強が必要

 

です。

 

発音力がなくても、簡単なリスニング力はつきますが、

 

発音力がなければ、リスニング力の伸びは途中で止まる

 

ことになります。

 

掘り下げます。

 

発音の力がないとリスニング力の伸びが止まる理由

 

フランス語の発音の勉強は

 

  • 日本語にない音の作り方
  • 日本語にない音のルール
  • 日本語とちがうメロディやリズム感

 

を身につけるためにします。

 

身につけていない場合、

 

  • 日本語にはない音、ルールで発音されたフランス語の音の聞き取りが難しくなる
  • 日本語とちがうメロディやリズム感のせいで、フランス語の音の聞き取りが難しくなる

 

ということが起きます。

 

こういった問題は、

 

  • レベルが上がる
  • 速度が上がる
  • 文の量が増える
  • 知らない単語が増える

 

ことにより顕著になります。

 

そのため、

 

フランス語の発音を身につけておかないと、リスニング力の伸びが途中で止まってしまう

 

ことになるのです。

 

リスニングのためのフランス語の発音力を身につける勉強方法

 

フランス語の発音の勉強方法は2つに分かれます。

 

  • 学習
  • 実技

 

です。

 

勉強して身につけるべきことは、

 

  • フランス語の発音の仕方
  • フランス語の発音のルール
  • フランス語のメロディやリズム感

 

の3つです。

 

簡単に掘り下げます。

 

学習

 

フランス語の発音の知識を身につけます。

具体的には、

 

  • 発音する場所
  • 発音する方法
  • アクセント、イントネーション、アンシェヌマンなどの音のルール

 

を客観的に覚える必要があります。

 

というのは、

 

フランス語を聞いて真似するときに知識が必要になるから

 

です。

 

なぜなら、

 

客観的なフランス語の発音の知識がない(直感的に知っている日本語の発音しかできない)状態でフランス語の発音を真似する

 

 

  • フランス語の音を似ている日本語の発音として認識
  • 日本語の発音方式で発音

 

ということが起きてしまうからです。

 

たとえばRの音をラ行の音のように聞き取ってそのままラ行の音として発音してしまったり、子音しか発音されていないのに母音を聞き取ってしまい母音を挿入してしまう、というのはこのためです。

 

これは、

 

幼少期に周囲で使われている言語(いわゆる母語)の音を聞き取りやすくできるように脳がチューニングされる

 

ことから来ています。

 

ですから、まずはフランス語の発音の知識を客観的に勉強する必要があります。

 

実技

 

発音の知識は、

 

  • フランス語の発音の知識を勉強しつつ同時に身につけるもの
  • 実際のフランス語を聞きながら身につけるもの

 

の2つに分かれます。

 

フランス語の発音の知識を勉強しつつ同時に身につけるもの:

  • 発音箇所
  • 発音方法
  • アクセント
  • イントネーション
  • アンシェヌマンなどのルール

 

発音の知識と同時に、お手本を参考に身につけるようにします。

 

実際のフランス語を聞きながら身につけるもの:

  • フランス語特有のメロディ
  • フランス語特有のリズム

 

残念ながら、参考書などに言及があまりないのがフランス語特有のメロディやリズムです。

 

簡単に説明すると、ある程度のまとまった文を話している時にでる、

 

フランス語っぽさを作るもの

 

です。

各言語にも特有のメロディやリズムがあります。

 

そして、このフランス語の特有のメロディやリズムがない場合、いくら個々の音の発音ができていても、単語のアクセントが正しくても、

 

全体としては日本語っぽく聞こえる発音

 

になってしまいます(日本語に特有のメロディやリズム感しか知らないため)。

 

そして、フランス語のメロディやリズム感が身についていないと、

 

メロディやリズムにつられて発音の聞き取りが難しくなる

 

ことが起きます。

これは、聞き慣れていない音楽ジャンルの歌詞が聞き取りにくいのと同じです。

 

しかしながら、フランス語のメロディやリズム感は音楽ジャンルとは違うので、

 

意識して聞き慣れる

 

ようにしないと身につきにくいです。

 

勉強方法としては、

 

メロディやリズム感に絞ってシャドーイング

 

というものがあります。

 

書いて字のごとく、

 

個々の発音などは無視してもいいので、聞こえてきたフランス語のメロディとリズムだけをシャドーイングする

 

という方法です。

 

発音を勉強してからリスニングの勉強をしましょう

 

僕は初め、発音の勉強をせずにリスニングの勉強をした口です。

 

その結果、ある程度までは聞き取れるけれどこれ以上伸びない、という状況に陥って限界を感じていました。

 

しかし、大人になってからフランス語の発音を復習し、リスニングの勉強を再開するとリスニング力が伸びていることがわかりました。

 

というわけで、ぜひフランス語の発音を身につけてからリスニングを勉強するようにしてみてくださいませ。

 

リスニングの勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

もご参考になるかと思うので合わせてご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語