【フランス語の発音の勉強方法:シャドーイングのコツ】

聞こえたフランス語を真似して話そうとしているつもりなのに、ぜんぜんうまくいっていない。

どうして?

 

この記事を読むと、

 

フランス語のシャドーイングをするときのコツ

 

についてわかるようになります。

 

フランス語のシャドーイングは音を転がすようにしましょう

 

フランス語のシャドーイングするとき、

 

聞こえた音を何も意識しないで反復

 

していないでしょうか?

 

そうではなく、

 

1度頭の中で聞こえたフランス語を転がしてから口元で反復する

 

ことによって、シャドーイングの効果が出やすくなります。

 

具体的に書くと、

 

聞こえたフランス語の音のメロディ、リズム、各音を頭の中で点検・再現してからの反復

 

です。

 

音を転がしてからのほうがフランス語のシャドーイングの効果がでる理由

 

シャドーイングには2つの意味があります。

 

その2つとは、

 

  • フランス語の発音を集中して聞ける(聞き流しをしない)
  • フランス語の音を作るための口元の筋肉のトレーニング

 

です。

 

しかしシャドーイングの効果は、この2つがきちんとリンクして初めて発揮されます。

 

なぜなら、

 

集中してフランス語の音を聞き、意識しないでそのまま口元で反復しても記憶に何も残らない

 

からです。

 

しかし、

 

聞こえた音を一度咀嚼することによってきちんと記憶に残り、再現するときにもより元の発音に近いものを出せる

 

ようになります。

この状態が、

 

聞いた音と口元がリンクしている状態

 

です。

 

シャドーイング中は具体的に何をきちんと意識すればよいのか

 

上にもすでに軽く書きましたが、シャドーイング中は、

 

聞いたフランス語の

 

  • メロディ
  • リズム
  • 各音

 

など聞こえた音に関わるすべてを意識し(話者の感情とかもよいです)、頭の中で

 

  • 点検(総合的にどんな音だったか分析)
  • 再現(分析を元に再現)

 

をしてから、

 

口元で反復

 

することが大切です。

 

って、書くと難しそうなんですが、

 

元の音の声をそのまま意識上に一度再現し、それから口元で反復

 

するということです。

たとえばジャン・レノの話したフランス語を、そのときのジャン・レノの声で頭に再現するというようなことです。

 

→口元再現ではなく

 

耳→意識上に再現→口元で反復

 

というイメージです。

 

再現という言葉がしっくりこない場合は、

 

思い出す

 

でもよいかと思います。

 

フランス語のシャドーイングをしましょう

 

フランス語のシャドーイングをするときは、

 

聞こえた音を『意識上で一度思い出してから』口元で反復

 

することによって効果が発揮するようになります。

ぜひ試してくださいませ。

 

フランス語の発音に関しては、

 

 

 

もご参考になるかと思うので、ぜひご覧くださいませ。