【フランス語漬けになってもフランス語を話せるようにはならない理由】

フランスに行きさえすれば、フランス語漬けになってフランス語上達するんじゃないの?

 

この記事を読むと、

 

  • フランス語漬けになっても、フランス語の会話力が上達しない理由
  • フランス語漬けにすると、フランス語の上達が爆速になるレベル

 

についてわかるようになります。

 

フランス語を学び始めるならまずは日本語で

 

フランス語をまだ勉強したことがないなら、

 

フランス語でフランス語を学ばないほうがいい

 

です。

 

日本語のヘルプがあるものを使いましょう。

 

スポンサードサーチ

日本語のヘルプがあったほうがフランス語学習の初めは上手になれる理由

 

意味と音を理解していないと外国語を話せるようにならない

 

というのがその理由。

 

言葉は、

 

意味と音の組み合わせ

 

でできています。

そのため、

 

意味のわからないフランス語にたくさん漬かっても、フランス語は上達しない

 

ということがわかります。

 

そのため、

 

フランス語漬けで始めるより、日本語による意味のヘルプがある教材を使ったほうがよい

 

ということになります。

 

スポンサードサーチ

フランス語をフランス語で勉強して意味があるレベルとは?

 

フランス語漬けで勉強したほうがいいレベルもあります。

 

わからないフランス語についてフランス語で調べられるレベルのことです。

 

目安的にフランス語検定3級に手が届くかとどかないレベル。

 

そのレベルになると、フランス語の取っ掛かり(フランス語の音を聞いて意味が理解できること)ができているので、フランス語をフランス語で勉強しだすと一気にレベル上昇

 

もちろん日仏辞書などを使うのもあり。

日本語に頼ることを少なくしていけばよいのです。

 

フランス語3級だと、自己紹介くらいなら簡単に言えます。

簡単にというのは、とくに頭の中で文法や単語を考えなくても口からでてくるという状態のこと

 

フランス語でフランス語を勉強して話すようにすると、そんなほぼ無意識状態でフランス語を話せるように徐々になっていきます。

 

スポンサードサーチ

はじめは日本語、徐々にフランス語で

 

フランス語漬けの勉強法には効果あり

 

しかし、その効果がでるフランス語レベルに達していなければなりません。

 

フランス語を知らないままフランス語留学をするより、最低限フランス語の取っ掛かりができてから行くほうがおすすめ

 

フランス語の取っ掛かりを作るための勉強方法については、【独学でフランスの大学院卒業まで出来た僕がおすすめするフランス語の勉強の方法のまとめ】をご覧くださいませ。

 

すでに仏検3級くらいのレベルは持っているけれど、フランス語の会話ができない方は会話練習不足。

フランス語会話の練習については、【フランス語のレッスンならオンラインがおすすめです】をご覧くださいませ。