【フランス語会話の勉強は何から始めたらいいの?→たった1つです】

フランス語会話ができるようになりたいけど、何から勉強すればいいのだろう?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話の勉強で最初にすべきこと

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話の勉強を始めるならここから

 

結論から書くと、

 

フランス語会話の練習のためのインプットから始める

 

ことが大切です。

 

掘り下げます。

 

なぜフランス語会話ではなくて『フランス語会話の練習のためのインプット』が必要なのか

 

『フランス語会話の練習のためのインプット』が必要なのは、

 

  • フランス語会話ができるようになるには、フランス語会話の実際の練習が必須である
  • 実際のフランス語会話の練習をする前にある程度インプットしておかないと何もできない

 

からです。

 

というのは、巷によくある、フランス語会話の教材だけを使って勉強していても、

 

フランス語会話ができるようにならない

 

という悲しい現実があります。

 

なぜなら、

 

フランス語会話ができるようになるには、フランス語会話の練習をするというアウトプットの経験値を積む必要がある

 

からです。

 

しかし、フランス語会話の練習というアウトプットをするためには、

 

ある程度のフランス語会話のインプットが必要

 

です。

 

何もインプットされていない、もしくは十分なインプットがされていない状態でフランス語会話の練習をしても、

 

何をしているのかわからず、フランス語会話の練習を通じて得られる経験値が少ない

 

からです。

 

フランス語会話の練習のための5つのインプットの内容

 

フランス語会話の練習のために必要なインプットは、

 

  • 発音力
  • 単語力
  • 決まりフレーズ力
  • 文法力
  • リスニング力

 

です。

 

このインプットの目的は、

 

発音力、単語力、決まりフレーズ力、文法力を鍛えてリスニング力をつける

 

というものです。

 

なぜなら、

 

リスニング力がないと、フランス語会話の練習相手のフランス語がわからない

 

からです。

 

そして、

 

  • 発音力
  • 単語力
  • 決まりフレーズ力
  • 文法力

 

の4つの中なら、

 

  • 発音力
  • 単語力
  • 決まりフレーズ力

 

の3つが最初のインプットに当たります。

 

その理由は、

 

口の動かし方や発音のルールだけでなく、具体的な単語や決まりフレーズを例として発音を学んだほうがよい

 

からです。

 

ちなみに、

 

  • 決まりフレーズ力

 

は、文法の知識がいらないフランス語の文のことなので、気兼ねなく発音の例文として使えます。

 

フランス語会話の勉強はフランス語会話の練習のためのインプットから

 

フランス語会話ができるようになるには、

 

実際のフランス語会話の練習が必須

 

です。

 

そして実際のフランス語会話の練習のためには、

 

フランス語会話の練習に耐えうるためのインプットがあったほうがよい

 

です。

 

フランス語会話の練習のために必要なインプットは、

 

  • 発音力
  • 単語力
  • 決まりフレーズ力
  • 文法力
  • リスニング力

 

の5つで、このうちの

 

  • 発音力
  • 単語力
  • 決まりフレーズ力

 

の3つを上げることが特に初めにしたほうがよいインプットです。

 

3つのインプットの上げ方を含め、フランス語会話の勉強に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

がご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。

 

ベルリッツ