【イメージでフランス語文法を理解するための1つの勉強方法】

文法の勉強をしているけど、いつもフランス語の文を日本語に訳しながら理解している……

 

この記事を読むと、

 

イメージでフランス語の文を理解する勉強方法

 

についてわかるようになります。

 

イメージでフランス語の文を理解するための1つの勉強方法

 

結論から書くと、

 

日本語に訳さなくても理解できるフランス語の文のレベルまで戻り、少しずつイメージだけで理解できる範囲を増やしていく

 

ことにより、

 

日本語訳せずにイメージだけでフランス語の文が理解できる

 

ようになります。

 

掘り下げます。

 

イメージで理解するの2つのタイプのフランス語の文

 

フランス語の文をイメージで理解するには、

 

  • 音のフランス語の文
  • 文字のフランス語の文

 

2つのタイプのフランス語の文があることをまず念頭にしなければなりません。

 

なぜなら、各フランス語の文のタイプによって勉強の方法は言うまでもなくレベルの差も違うからです。

 

多くの場合、

 

文字のフランス語の文のイメージ理解のレベルのほうが、音のフランス語の文のイメージ理解よりも高い

 

ことが多いです。

 

とはいえ、根本的なところでは勉強の仕方は同じです。

 

イメージでフランス語の文を理解するための勉強方法

 

いちばんのおすすめの勉強方法が、

 

これまでフランス語(フランス語会話)の勉強に使ってきた参考書や問題集、会話集を利用すること

 

です。

 

具体的には、

 

日本語訳をしなくても理解できるところまでレベルを戻す

 

ということをします。

 

例えば大体の場合において、参考書や問題集、会話集の初めの頃のレッスンでは、

 

  • 自己紹介
  • être動詞を使った文

 

などが載っているかと思います。

 

そのぐらいのレベルなら、

 

  • 音声を聞いてフランス語のまま理解できる(音のフランス語の文)
  • 文を読んでフランス語のまま理解ができる(文字のフランス語の文)

 

のではないでしょうか。

 

このようにして、徐々に簡単なレベルから少しずつ日本語に訳さなくても理解できる範囲を広げていき、

 

フランス語だけでは理解ができないレベル

 

にたどり着いたら、

 

文法や単語やリスニングを復習してフランス語だけで理解できるように何度も繰り返す

 

ようにします。

 

そうして徐々に範囲を広げていくことにより、

 

フランス語だけで(イメージだけで)理解できるフランス語の文が増えていく

 

ようになります。

 

日本語訳をしないでフランス語の文を理解できるようになりたいなら

 

日本語訳なしで、イメージだけでフランス語の文を理解するには、

 

一度フランス語だけで理解できるレベルまで戻り、復習などをしながらイメージだけでフランス語の文が理解できる範囲を広げていく

 

ようにすることがおすすめです。

 

フランス語の勉強ならこちらもおすすめです:

ネイティブ講師とフランス語会話を練習するなら
>> ベルリッツ・フランス語(現在無料体験実地中)