【突然フランス語が聞き取れるようになる3つの勉強方法】

聞き取り(リスニング)の練習をしていても全然聞き取れるようにならない。

このまま続けていて意味あるの?

 

この記事を読むと、

 

フランス語が突然聞き取れるようになる勉強方法

 

についてわかるようになります。

 

フランス語が突然聞き取れるようになる3つの勉強方法

 

結論から書くと、

 

  • 発音の復習
  • 意味を確認してからのリスニング
  • 日本語訳をしないで意味がわかるまでリピート

 

という3つの勉強方法を続けることによって、

 

あるとき突然、フランス語の聞き取りができる

 

ようになります。

 

ただし、

 

発音の復習

 

は、一度してしまえば大丈夫なので、実質的には

 

  • 意味を確認してからのリスニング
  • 日本語訳をしないで意味がわかるまでリピート

 

の2つを繰り返す勉強方法になります。

 

掘り下げます。

 

発音の復習

 

フランス語の聞き取りができない原因の1つが、

 

フランス語の発音力が不足している

 

というものです。

 

発音力はリスニング力に直結しています。

なぜなら、

 

発音力が不足しているとフランス語の音が聞き取れないから

 

です。

 

というわけで、発音力を上げるために必要なものが、

 

  • 発音についての学習
  • 発音の練習

 

の2つです。

 

発音の練習の前に発音についての学習が必要な理由は、

 

フランス語の音を客観的に理解するため

 

です。

 

なぜなら、客観的なフランス語の音の理解がない場合、

 

僕たちは日本語の発音を元にしてフランス語の音を聞き取ろうとしてしまうから

 

です。

 

というわけで、

 

客観的にフランス語の発音の知識を理解してから練習するほうがよい

 

となります。

 

具体的に学習と練習するのがよいのは、

 

  • 個々の発音
  • リエゾンなどの発音の変化
  • 単語や文、文章単位で発生するアクセント、イントネーション、リズム、メロディなど

 

の3つです。

 

参考:【(徹底解説)フランス語の発音のおすすめ勉強方法】

 

 

意味を確認してからのリスニング

 

リスニングをする際に、ひたすら聞くことだけに時間を費やしていないでしょうか。

 

そうではなくて、

 

  • 先にリスニング教材のスクリプトや台本を読む
  • わからない単語をチェックして発音と意味を補強
  • わからない文をチェックして文法を補強

 

するようにしましょう。

 

リスニングは

 

フランス語の音を聞いて意味を理解すること

 

を目標としています。

 

そのため、

 

意味がわからないことを何度聞いてもわからないまま

 

となります。

 

リスニングの練習中は、先に答えを見てもカンニングにはなりません。

 

むしろ

 

先に意味を確認しておいて、その意味を音だけで聞き取れるようにする練習が重要

 

になります。

 

日本語訳をしないで意味がわかるまでリピート

 

上で紹介した、

 

  • 発音の紹介
  • 台本でわからない単語の発音と意味の補強
  • 台本でわからない文の文法を補強

 

が済んでも、すぐにはリスニングして聞き取れるようにはなりません。

 

むしろこの3つが揃うことでようやく、

 

聞き取りの勉強のみに集中できる

 

ようになります。

 

そしてこの段階で成し遂げたいのが、

 

日本語訳をしなくてもリスニングして意味が分かる状態を作ること

 

です。

 

  • 全体を何度も聞く
  • 日本語訳しないでも意味がわかるまで何度も1つ文をリピートする→できたら続く文でも同じようにする

 

の両方やどちらでもよいのですが、とにかく何度も聞いて、

 

フランス語の音で意味(日本語訳でなく意味)が理解できる

 

ようにしましょう。

 

そんなの無理だよ、と思うかもしれませんが、

 

Comment ça va ?

 

のような初期の頃のリスニングでてきたようなフランス語の音を聞いたとき、

 

わざわざ日本語訳をしなくても意味が理解できる

 

のではないでしょうか。

 

何度かリスニングしていると、同じように長い文でも日本語訳をしなくても聞いてわかるようになります。

 

ぜんぶの意味がフランス語の音だけで理解できるようになったら、次のリスニング教材に移りましょう。

 

そのようにして続けていくと、

 

ある日突然、初めて聞いたフランス語なのにフランス語だけで結構意味がわかる聞き取りができる

 

という状態になります。

 

突然フランス語が聞き取れるようになるときの?感

 

僕は今は相当専門外の難しいフランス語でなければ、フランス語が聞き取れるようになりました。

日本語訳もしていません。

 

でも確かに、昔は日本語訳をしながらリスニングをしていた時期があります。

 

しかし、ある時から急にフランス語を聞いてそのまま理解できるようになっていました。

なっていました、と書いたとおり、自分でもいつからかはわかりません。

 

そんな僕がしていたリスニングの勉強が

 

  • 発音の復習
  • 意味を確認してからのリスニング
  • 日本語訳をしないで意味がわかるまでリピート

 

です。

 

よろしければぜひお試しくださいませ。

 

フランス語の聞き取り(リスニング)の勉強については、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

もご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語