【フランス語会話ができるようになる3つの発音矯正の方法】

フランス語の発音がひどすぎて相手に通じない……。

どうやって発音を矯正したらいいのかな。

 

この記事を読むと、

 

発音を矯正するための3つの方法

 

についてわかるようになります。

 

フランス語が通じるようになる発音矯正の方法

 

結論から書くと、

 

  • 発音の知識を復習
  • 発音の技術を再練習
  • ネイティブ講師と実際に話して調整

 

の3つのことを通じて、

 

相手に通じるようになるフランス語の発音に矯正できる

 

ようになります。

 

掘り下げます。

 

発音の知識を復習

 

発音の矯正には、発音の知識の復習がおすすめです。

 

おそらく多くの人がフランス語の勉強を始めた当初に一度は発音について勉強しているはずですが、そこは人間。

 

忘れていることが多いです。

 

  • フランス語の各発音の発音箇所と方法
  • フランス語の発音のルール
  • フランス語のリズムやメロディ

 

が、明確に言えない場合は復習したほうがよいことを意味します。

 

ちなみにフランス語の発音には学習が必須です。

なぜなら、

 

非ネイティブは、聞いただけでは外国語の発音をきちんと作ることができないから

 

です。

 

というのは、

 

  • 人の脳は幼児期に母語の発音用にチューニングされる
  • 母語と違う外国語の発音は母語の発音フィルターがかかって聞こえる

 

ため、

 

聞こえた発音を真似しようとすると、母語のどれかにあてはめてしまう

 

からです。

 

そのため、客観的な発音の知識を学習する必要があります。

 

発音の技術を再練習

 

rの音の作り方などをフランス語の勉強の初期にした方も多いかと思います。

 

しかし、

 

フランス語の発音の復習をしたあとで再練習

 

するのもおすすめです。

 

初期に練習した発音は、すべてきちんと身についているでしょうか。

 

フランス語の発音の知識で復習する必要があった発音については、体(口元)のほうの動きもあいまいであった可能性が大きいです。

 

ですから、再度練習をするようにしましょう。

 

ネイティブ講師と実際に話して調整

 

発音の復習(知識と技術)が終わったら、実際にネイティブとフランス語会話の練習をしましょう。

 

それは、

 

ネイティブに通じるようになることででしか発音の正解はわからない

 

という現実があるからです。

 

非ネイティブが一人で発音を勉強しても、その発音が実際にネイティブに通用するかしないかは

 

ネイティブに通じるかという実験

 

でしかわかりません。

 

そして

 

通じない発音を微調整して通じるようにしていく

 

ことにより、

 

ネイティブに通用する発音へと矯正

 

できます。

 

この際、おすすめは

 

フランス語の教授法を身につけているネイティブ講師

 

です。

 

なぜなら、

 

  • ネイティブであるため、絶対的に発音の可否がわかる
  • フランス語の教授法を修めているため、間違いの原因と直し方がわかる

 

からです。

 

フランス語の発音矯正をするなら

 

フランス語の発音が悪くてフランス語会話ができないのなら、

 

  • 発音の知識を復習
  • 発音の技術を再練習
  • ネイティブ講師と実際に話して調整

 

の3つのことを通じて発音の矯正をしましょう。

 

実は、

 

  • ネイティブ講師と実際に話して調整

 

だけでも矯正はできるのですが、矯正が必要なほど発音が悪い場合は、

 

  • 発音の知識を復習
  • 発音の技術を再練習

 

をしておいたほうが、時短ができます。

 

フランス語の発音の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語の発音のおすすめ勉強方法】

 

フランス語会話の勉強方法は、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

をご参考くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語