【1日15分のフランス語の聞き取り(リスニング)の勉強でリスニング力を上げる方法】

リスニングの勉強って1日どのくらいすれば上手になるのかな。

 

この記事を読むと、

 

1日15分約3か月のリスニングの勉強で効果を出す方法

 

についてわかるようになります。

 

1日15分のリスニングの勉強で効果を上げられます

 

リスニングの勉強で効果を得たい場合、

 

1日15分を約3か月続ける

 

とよいです。

 

具体的には、

 

15分のリスニングの勉強を合計20時間になるまで続ける

 

ことにより、ある程度までリスニングのレベルを引き上げることができます。

 

20時間÷15分=80回(日):約3か月

 

という計算です。

 

どうして1日15分3か月のリスニングの勉強でリスニング力が上がるのか

 

ジョシュ・カウフマンという人の書いた『たいていのことは20時間で習得できる』という本によれば、

 

人は何かを勉強し始めると最初の20時間まではぐんぐんと上達する

 

ということだそうです。

 

20時間後は微調整やさらなる向上のための時間

 

になります。

 

この最初の20時間で得られるようになるのは、

 

自己分析ができる(自分のリスニングの間違いに気が付ける)

 

というレベルです。

 

1日15分の勉強でリスニング力を上げる4つの方法

 

結論から書くと、

 

きちんとした計画を立てる

 

ことが、1日15分でリスニング力を上げる勉強に必要になります。

 

具体的に書くと、

 

  • 目標を具体的にする
  • 目標のために必要なものを細分化する
  • 目標のために不必要なものを明確にする
  • ステップ式に20時間勉強していく

 

ことがまず必要になります。

 

簡単に掘り下げます。

 

目標を具体的にする

 

結論から書くと、

 

どのようなリスニングができるようになりたいのか

 

を決めることになります。

 

たとえば、

 

  • 日常会話を聞いて理解できるようになりたい
  • ニュースのフランス語を聞いて理解できるようになりたい
  • 歌で使われるフランス語を聞いて理解できるようになりたい
  • アカデミックなフランス語を聞いて理解できるようになりたい
  • ビジネスフランス語を聞いて理解できるようになりたい

 

……などなど、リスニングのフランス語の種類はたくさんあります。

 

さらに、たとえばアカデミックなフランス語でも、文系理系

 

文系ならどの時代、どのジャンルの文系に関することをリスニングで理解できるようになりたいのか、を明確化しましょう。

 

このすべてを同時に勉強するのは効率的ではありません。

 

またどれか1つができるようになれば、他のものも同じように理解できるようになるというわけでもありません(被る箇所もあるので、多少は勉強は楽になりますが)。

 

というわけで、

 

まずは自分のリスニングの目標を具体的にする

 

ようにしましょう。

 

目標のために必要なものを細分化する

 

具体的なリスニング目標が決まったら、必要なものを細分化しましょう。

 

たとえばリスニングには、

 

  • メロディ
  • リズム
  • アクセント
  • イントネーション
  • 調音方法
  • 調音箇所
  • 発音のルール
  • 単語
  • 文法
  • 決まり文句

 

……などなどが必要になります。

 

そしてたとえば調音方法は、

 

調音方法:

・子音の調音方法

・母音の調音方法

・子音と母音の調音方法

 

みたいにさらに細分化できます。

このようにして、単語や文法に関しても、自分の目標とするリスニングに必要なものをリストアップしていきます。

 

目標のために不必要なものを明確にする

 

リスニングに不必要なものは勉強しないようにしましょう。

 

たとえば

 

  • スペル
  • 読み方

 

などがその筆頭です。

 

単語や文の書き方がわからなくても、読み方がわからなくてもリスニングはできます。

 

単語や文の書き方については、別の20時間で勉強すればよいのです。

 

ステップ式に20時間勉強していく

 

具体的な目標に必要なもの、不必要なものが明確化されたら、

 

80回(20時間を15分で割った回数)の各回で何を勉強するのかのスケジュール

 

を決め、あとは勉強していくことです。

 

コツは、

 

15分以内にその回で勉強するはずだった内容が終わらなくても延長しない

 

ことです。

その場合は、次回に回しましょう。

 

むしろ途中やりのほうが人は気になって記憶に残りやすい

 

です。

 

1日15分の勉強でリスニング力を上げましょう

 

計画的にすれば、1日15分でリスニング力を上げることができます。

 

また、発音に関することは、

 

  • 別のジャンルのリスニングの勉強
  • スピーキング

 

にも流用できるし、単語力も毎回勉強すればするほどついていきます。

 

初めの頃は難しいかもしれませんが、ぜひ習慣をつけてするようにしましょう。

 

具体的なフランス語の聞き取りの勉強方法に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

がご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。

ベルリッツ