【フランス語のリスニングで理解が追いつかない3つの原因と3つの解決法】

フランス語のリスニング中に単語や文は聞き取れるんだけど、理解できないままフリーズしているうちに終わってしまう……。どうして?どうしたらいいの?

 

この記事を読むと、

 

リスニング中に単語や文はある程度聞き取れるのに理解が遅れる原因と解決法

 

についてわかるようになります。

 

リスニング中に理解がフリーズする3つの原因

 

単語や文はある程度聞き取れているのに、意味の理解が追いつかない理由は、

 

  • すべての単語を聞き取ろうとしている
  • 意味をきちんと理解していない単語の数が多い
  • 使い慣れない文法が使われている

 

の3つが考えらます。

 

簡単に掘り下げます。

 

すべての単語を聞き取ろうとしている

 

リスニング中に使われるすべてのフランス語を聞き取ろうとすると大変です。

 

しかも意味がありません。

なぜなら、

 

リスニング中にやりとりされている意味と内容は、すべてのフランス語を聞き取らなくても理解できるから

 

です。

 

そのため、

 

全体としての意味には重要ではない単語を聞き取ろうと集中しすぎて、意味の理解が途中とちゅう止まっている

 

ことがないでしょうか。

 

意味をきちんと理解していない単語の数が多い

 

複数の意味を持った単語があります。

そのため、

 

たとえ聞き取れた単語を知っていても、リスニングの中で使われた意味を知らない

 

ということがあります。

その場合は、

 

意味の整合性が合わなくなっていき理解がフリーズ

 

してしまいます。

 

使い慣れない文法が使われている

 

仮定法過去、仮定法過去完了……などなど、

 

あまり普段使わない観念の文法がでてきて、文法が聞き取れても理解がすぐにできてない

 

ということがないでしょうか。

 

リスニング中に意味理解がフリーズしてしまうときの3つの解決法

 

結論から書くと、

 

  • キーワードだけを聞き取るようにする
  • 台本(スクリプト)を読む
  • 教材のレベルを下げる

 

の3つの方法を試すことにより、リスニング中に意味の理解が追いつかない現況を打開することができます。

 

簡単に掘り下げます。

 

キーワードだけを聞き取るようにする

 

言い方を変えると、

 

  • すべての単語を聞き取ろうとしない
  • 意味が理解できた時点で、次の文に備える

 

ということを実践すると、

 

リスニング中に使える脳のキャパシティが増えて、フリーズしにくくなることがあります。

 

台本(スクリプト)を読む

 

理解が追いつかないリスニング教材の台本(スクリプト)を一度読んでみましょう。

 

意味が問題なくわかるでしょうか?

 

読んでみて意味がわかるのなら、何度か聞くうちに意味の理解が追いつくようになるかと思います。

 

しかし、

 

読んで意味がわからない場合は、単語や文法を復習する必要

 

を意味しています。

 

教材のレベルを下げる

 

恥じることなく、教材のレベルを下げてみることも大切なときがあります。

 

1つ前のレベルのリスニング教材を試してみて、意味理解が問題なくできればよいです。

 

しかし、レベルを下げても意味理解が追いつかない場合は、

 

  • 発音やその他フランス語の音のルールの復習
  • 単語の復習
  • 文法の復習

 

をする必要があるかもしれません。

 

リスニング中に意味の理解が追いつかなくなる原因と解決法

 

リスニング中に意味の理解にフリーズしてしまう場合は、

 

  • すべての単語を聞き取ろうとしている
  • 意味をきちんと理解していない単語の数が多い
  • 使い慣れない文法が使われている

 

のどれかかいつくかが原因となっているかもしれません。

 

解決方法としては、

 

  • キーワードだけを聞き取るようにする
  • 台本を読む
  • 教材のレベルを下げる

 

の3つを紹介しました。

 

ぜひ原因を解明し、リスニングによる理解力を上げましょう。

 

リスニングの勉強に関しては、

【(徹底解説)フランス語のリスニングのおすすめ勉強方法】

もご参考になるかと思うのでご覧くださいませ

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語