【フランス語教室やオンラインフランス語会話が意味ないという誤解】

フランス語会話ができるようになりたくていろいろ調べていたら、フランス語教室やオンラインフランス語会話は意味がないという記事を見つけて不安に……。

 

この記事を読むと、

 

フランス語教室やオンラインフランス語会話が意味がないという誤解

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話が唯一できるようになる方法

 

言うまでもなくフランス語会話ができるようになるには、

 

フランス語で会話する練習が必須

 

です。

 

そして、

 

フランス語会話の練習には相手が必須

 

です。

そのため、

 

フランス語教室オンラインフランス語会話といった

 

会話の相手とフランス語会話の練習ができる環境

 

には

 

意味があります。

 

では、どうしてフランス語教室やフランス語会話オンラインでフランス語会話を勉強している人の中に、フランス語会話ができない人がでてくるのでしょうか。

 

フランス語会話のレッスンを受けてもフランス語会話ができない3つの原因

 

結論から書くと、

 

  • 主体性がない
  • 予習をしていない(もしくは間違った予習をしている)
  • 復習をしていない(もしくは間違った復習をしている)

 

という3つの原因で、

 

フランス語教室に通ってもオンラインフランス語会話のレッスンを受けても、

 

フランス語会話ができるようにならない

 

ということが起きます。

それぞれ簡単に掘り下げます。

 

主体性がない

 

フランス語会話ができるようになったことを実感するのは、

 

自分が話したいことをフランス語で話せたとき

 

ではないでしょうか

 

そのため、例えば教科書のお手本会話だけを真似して話せるようになっても、

 

自分オリジナルのフランス語の文で会話ができるようになっているようになっていない

 

ので、フランス語会話がいつまで経ってもできるようにはなりません。

 

僕はむかし日本語教室で働いていたのですが、日本語を話せるようになる学生は

 

授業中に習ったことを応用して自分が伝えたいことを伝えようとする学生

 

でした。

 

そして残念ながら、いくら真面目でも、教科書に書いてある会話しか覚えない学生は、

 

いつまで経っても自由に話せるようにはならない

 

ということも起きていました。

 

予習をしていない(もしくは間違った予習をしている)

 

自分が話したいことをフランス語で話せるようになるには、予習が必須です。

 

しかし、予習と聞くと教科書の次回分だけを予習してしまいがちです。

 

しかし本当に必要なのは、

 

  • 教科書の予習(教科書があれば)
  • 自分が話したいことに必要な単語や文章などの予習

 

2つの予習です。

 

特に2つ目の

 

  • 自分が話したいことに必要な単語や文章などの予習

 

は重要です。

なぜなら、

 

個々人で話したいことが違う

 

からです。

 

そのため、

 

  • 自分の話題に必要な単語
  • 自分の話題に必要な決まりフレーズ
  • 自分の話題に必要な文

 

はレッスンの前に予習しておく必要があります(講師には個々人が話したいことはわからないため、準備することは不可能です)。

 

もちろんその際にでてきた、

 

疑問などはメモして先生に聞く

 

ようにします。

 

復習をしていない(もしくは間違った復習をしている)

 

フランス語教室やオンラインフランス語会話でのメインの目的は、

 

僕たちのアウトプットを講師に直される

 

です。

 

具体的には、

 

  • 発音のアウトプット
  • 単語・決まりフレーズのアウトプット
  • 文(文法)のアウトプット

 

などに対する直しです。

 

なぜならこれら3つは

 

ネイティブにきちんと通用して初めて正解としてわかるから=非ネイティブ一人では合否の判断ができないから

 

です。

 

  • 教科書の例文
  • オリジナルの文(自分が話したいこと)

 

両方に対して直されることがありますが、この際、

 

オリジナルの文の直し

 

のほうが重要になります。

どうしてかというと、

 

解答がないから

 

です。

 

そのため、オリジナルな文の発音も単語選択も文法も、

 

ネイティブ講師に判断されてようやく活きる

 

ということになります。

 

※教科書の例文は主に発音の直しのために使われるという認識でよいです。

 

そして

 

  • アウトプットした文の間違いを知る
  • 間違いの原因を突き止める
  • 間違いの原因を理解する
  • 正しい答えを知る
  • 間違いの原因の理解と正しい答えに基づいて正しいアウトプットができるように練習する

 

という復習を積むことにより、フランス語会話ができるようになっていきます。

 

フランス語教室やオンラインフランス語会話を受ける前のインプットも必要です

 

授業中の主体性の話と少し被るのですが、

 

フランス語教室やオンラインフランス語会話の授業を受ける前に5つのインプットをしておく

 

こともおすすめです。

 

5つのインプットとは、

 

  • 発音力
  • 単語力
  • 決まりフレーズ力
  • 文法力
  • リスニング力

 

です。

 

端的にいうと、1から4までの力はリスニングに必要な力です。

 

これは5つのインプットに関しては参考書や問題集に解答があるので、1人でも勉強できます。

 

目安的には、フランス語検定3級までの内容がリスニングで理解できるぐらいのリスニング力がついたら、

 

アウトプットの練習のためにフランス語教室やオンラインフランス語会話を受ける

 

と、

 

自分が話したいことをフランス語で話すための練習に集中できる

 

のでおすすめです。

 

フランス語教室やオンラインフランス語会話には意味があります

 

正しい使い方をすれば、フランス語教室やオンラインフランス語会話には効果があります。

 

正しい使い方とは、

 

  • 主体性を持つ
  • 正しい予習をする
  • 正しい復習をする

 

というものです。

 

個人的には、マンツーマンもできる上に経済的であるオンラインフランス語会話のほうがおすすめです。

 

フランス語会話の勉強の仕方に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる3ステップの勉強方法】

 

もご参考になるかと思うのでお読みくださいませ。

 

ベルリッツ