【フランス語を初めて学ぶ人におすすめな勉強法はジェスチャーを知ることです】

フランス語の初心者だけど、何から勉強したらいいかな?

 

この記事を読むと、

 

フランス語を学ぶときに知っておきたいフランスのジェスチャー

 

についてわかるようになります。

 

フランス語を学ぶ上でジェスチャーを知っておくことの大切さ

 

どの国やその文化にも特有なジェスチャー(やボディランゲージ)があります。

 

たとえば海外でよく知られている日本のジェスチャーであるお辞儀

電話に向かってまでお辞儀をすることに吃驚されたりしています。

 

そして海外の人には理解しにくい

 

手刀

 

そして海外の人が日本人を前にしてよくやってしまう、

 

手を合わせてお辞儀(ナマステとお辞儀?)

 

という間違い

 

このように、フランスにも僕たち日本人には

 

  • 理解しやすいジェスチャー
  • わかりにくいジェスチャー
  • 間違っているジェスチャー

 

があります。

 

どうしてジェスチャーを知ることが必要なのか

 

フランス語学習初期には動画教材が効果的なのは言うまでもありません。

音声に加えて視覚情報もあったほうが理解しやすいからです。

 

しかし、いかんせんフランス語を始めたばかりのときなんて、話されているフランス語はさっぱりわからないわけです。

 

そんなフランス語学習初期に使えるのが

 

フランスのジェスチャー(やボディランゲージ)

 

です。

 

コミュニケーションで大切なのは、言葉を理解しあうことではなく、

 

意味を理解しあうこと

 

です。

 

ジェスチャーは体の動きで意味を伝えること

 

ですから、

 

フランス人のするジェスチャーの意味を理解することはフランス語のコミュニケーションの1つ

 

とも言えます。

 

たとえば、僕自身も長いこと意味を知らず勘違いしていたのが

 

 

です。

 

ブッという音を口で作るので、てっきり何か自分に対して不満を表明しているのだと思っていたら、

 

わからない、知らない

 

という意味でした(笑)

 

フランス語のジェスチャーを知るためのおすすめなYouTube動画5選

 

いろいろな動画があるのですが、個人的におすすめなのを5つ紹介します。

 

日本語とフランス語で

 

 

 

英語とフランス語で

 

 

 

※↑字幕設定で英語を選択できます

 

フランス語で

 

 

 

フランスのジェスチャーを知っておきましょう

 

ジェスチャー(やボディランゲージ)だけでも知っておくと、勉強のために映画などを見たときに言葉ができなくても意味が理解できる箇所が増えます。

 

ぜひ覚えておきましょう。

 

ベルリッツ