【フランス語の聞き取り(リスニング)が上達する1つの勉強方法】

フランス語のリスニングをしているけど、なかなか上達しない。

なにか間違ってるのかなあ……。

 

この記事を読むと、

 

フランス語の聞き取り(リスニング)の上達に絶対に必要な1つの勉強方法

 

についてわかるようになります。

 

リスニングの上達に絶対必要な1つの勉強方法

 

結論から書くと、

 

意味と音を意識した勉強をする

 

ことによって、

 

リスニングが上達

 

します。

 

この勉強は、

 

  • 単語の勉強
  • 文法の勉強

 

を意味しています。

 

掘り下げます。

 

どうして意味と音を意識した勉強をするとリスニングが上達するのか

 

リスニングに必要なことはたった1つ。

 

音で意味を理解する

 

です。

しかし、

 

リスニングが上達しないときは文字で意味を理解している率が多い

 

です。

 

読んだらわかる単語や文が聞くとわからない

 

という場合は、これにあてはまります。

 

そのため、

 

単語や文法の勉強の時に意味と音をする

 

ことにより、

 

音で意味を理解する率を上げる

 

ことができるようになります。

 

意味と音を意識した単語や文法の勉強方法

 

単語や文法の勉強中に意味と音を意識するには、

 

  • 読まない
  • 書かない

 

ということが基本的に大切になります。

 

そのため、

 

音声付きの単語帳や文法書が必須

 

になります。

 

もちろん、聞いているだけじゃ理解しにくいところは、読む必要もあります。

 

しかし、

 

読むときは理解するためのみ

 

そして、

 

フランス語で『書かれた』文を覚える必要はない

 

というような意識しておくと、

 

音と意味に意識を向けられる

 

ようになります。

 

音と意味の勉強を意識してリスニングを上達させましょう

 

リスニングを上達させるには、

 

意味を音だけで理解する

 

必要があります。

 

そのためには、

 

単語や文法の勉強のときに意味や音を意識する

 

必要があります。

 

フランス語を読めれば理解できるのに、聞いたら理解できないという経験をしている方は、ぜひ試してみてくださいませ。

 

フランス語のリスニングの勉強自体に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

もご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。

ベルリッツ