【フランス語のリスニングで苦労しないためにするべき3つのこと】

フランス語のリスニングで苦労している。

聞き取れない。

どうしたらいいのだろう……。

 

この記事を読むと、

 

リスニングで苦労しないためにするべき3つのこと

 

についてわかるようになります。

 

フランス語のリスニングの苦労を取り除く3つの方法

 

結論から書くと、

 

  • フランス語のリズムやメロディなどを練習
  • 発音の学習
  • フランス語を読まない

 

ようにすることで、リスニング中の苦労を取り除きやすくできます。

 

掘り下げます。

 

フランス語のリズムやメロディなどを練習

 

フランス語にはフランス語特有のメロディやリズムなどがあります。

そして、この

 

フランス語特有のメロディやリズムを身につけていないと、発音の知識があってもフランス語の発音が聞き取りにくくなる

 

ようになってしまいます。

 

なぜなら、

 

フランス語らしさはフランス語特有のメロディやリズムの上に個々の音声が乗っている

 

からです。

 

そのため、

 

メロディやリズムだけをシャドーイングするプロソディ―シャドーイング

 

がおすすめです。

 

プロソディとは、メロディやリズムやアクセントなど、個々の音以外の発音の要素のことです。

 

発音の学習

 

発音は、発音の練習だけでなく学習も重要です。

その理由は、

 

母語でないフランス語の発音を聞いても、脳が日本語の音化してしまう

 

からです。

 

ciの音をさ行の音と勘違いしていないでしょうか(例えばmerciのciは『し』じゃありません)。

 

そのため、

 

発音の学習をしないでリスニングの練習をしても意味がない

 

ということになります。

 

発音の知識が曖昧だと、聞き取りのときも発音の判別が難しくなります。

 

というわけで、発音の学習が必要です。

具体的には、

 

  • 発音箇所
  • 発音方法

 

を聞かれて答えられる、実践できるようなのが理想的です。

 

フランス語を読まない

 

もし現在、

 

  • フランス語のメロディやリズムなど
  • フランス語の発音の知識

 

の2つがすでにあるのにリスニングに苦労している場合は、

 

しばらくフランス語を読まないようにする

 

ことがおすすめです。

 

なぜなら、

 

  • フランス語のメロディやリズムなど
  • フランス語の発音の知識

 

の2つをすでに持っているのに、リスニングができない場合

 

フランス語が読める量がフランス語を聞き取れる量を圧倒している可能性が高い

 

からです。

つまり、

 

読んだらわかるけど、聞くとわからない状態

 

です。

 

このようなことが起きる原因は、

 

フランス語を読むときの脳内の発音が間違っている

 

からです。

 

きちんとしたフランス語の音を知らずに読み方を覚えている単語などは、

 

日本語式の発音で覚えてしまっていることが多い

 

です。

 

そのため、

 

リスニングしたときに聞こえる実際のフランス語の音と脳内の音との乖離がすごい

 

ために、聞き取れることができないようになっています。

 

そういうときは、

 

意味は分かる状態にしてリスニングだけをする

 

ということをしばらく続けることをおすすめします。

 

具体的には、

 

日本語で意味を確認したらあとはひたすらリスニングに集中

 

という勉強方法です。

 

リスニングは音声で意味を理解すること

 

であるので、フランス語の文が読めなくてもぜんぜん問題がありません。

 

リスニングで苦労しないために3つのことを心がけましょう

 

リスニング中に言葉や文が聞き取れない場合は、

 

  • フランス語のリズムやメロディなどを練習
  • 発音の学習
  • フランス語を読まない

 

という3つがおすすめです。

 

もちろん単語や文法を知っていることは前提条件ですが、

 

・フランス語のリズムやメロディなどが身についてない→フランス語の個々の音を知っていても聞き取りにくい

 

フランス語の個々の音の学習をしていない→発音方法や発音箇所が曖昧→自分でしっかり区別できていない音は聞き取れない

 

フランス語の文を読めるのに聞き取れない→読むときの脳内発音がフランス語でない→一度フランス語の単語や文の音をリセットする必要がある

 

ので注意するようにしましょう。

 

リスニングの勉強に関しては、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

もご参考くださいませ。

ベルリッツ