【フランス語がペラペラになるのに必要な3つのものを知っていますか】

フランス語の勉強をしているけど、フランス語会話になるとたどたどしくて片言になってばかり……。

どうしたらいいの?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話でペラペラになるのに必要な3つのもの

 

について分かるようになります。

 

この3つでフランス語がペラペラに

 

結論から書くと、

 

  • フランス語のメロディやリズム
  • 話したい話題に必要な単語
  • ネイティブと話して修正

 

の3つが

 

フランス語がペラペラになるのに最低限必要なもの

 

です。

 

掘り下げます。

 

フランス語のメロディやリズム

 

フランス語の発音の中で、ペラペラに話すのに一番必要な要素が、

 

フランス語のメロディやリズムを身につけること

 

です。

 

簡単にいうと、

 

フランス語っぽく話す

 

というものです。

 

フランス語会話のために身につけるべき要素はいくつかあります。

 

しかし、Rの音やLの音といった個々の音が上手に作れても、

 

フランス語特有のリズムやメロディがない状態で話すフランス語は片言

 

です。

 

なぜなら、

 

僕たちにすでに身についている日本語のリズムやメロディに乗せてフランス語を話しているから

 

です。

 

そのため、

 

フランス語のリズムやメロディの習得

 

ペラペラになるための必須要件の1つとなります。

 

話したい話題に必要な単語

 

フランス語会話でペラペラに話せるイメージの中には、

 

自分が話したいことをフランス語で話せている

 

というものがあるのではないでしょうか。

 

実は、

 

自分が話したいことについてのフランス語単語は自分で調べて覚えるしかない

 

という原則があります。

 

その理由は、

 

個々人で話したい内容が違う

 

からです。

 

そのため、

 

自分が話したいことに必要な単語の習得

 

も、ペラペラに話すために必要な要素の1つとなります。

 

ネイティブと話して修正

 

フランス語のリズムやメロディ、自分が話したい内容に必要な単語、そしてその他の基本スキルを勉強しても、実際にネイティブと話す練習をしなければ、ペラペラになれません

 

なぜなら、

 

  • 独学で身につけるフランス語会話の力
  • 実際にネイティブと練習して身につけるフランス語会話の力

 

の2つの力が必要だからです。

 

そして、

 

  • 実際にネイティブと練習して身につけるフランス語会話の力

 

というのは、

 

僕たちのフランス語会話の技術を修正しながら練度を高めていくこと

 

に他なりません。

 

というのは、問題集のような答えのあるインプットのフランス語会話の学習とは違い、

 

フランス語会話のアウトプットの練習では、ネイティブに通じるか通じないが解答になるから

 

です。

 

  • 映画を見る
  • フランス語会話教本を読む
  • シャドーイングする

 

といったインプットの勉強をいくらしても、

 

非ネイティブである僕たちには、自由にアウトプットしたフランス語が正しいかどうかの直感的な判定ができないという条件

 

があります。

 

フランス語会話の練習、ネイティブ相手に通じない場合に、修正や調整をすることにより、徐々にペラペラに話せるレベルに近づいていけます。

 

フランス語会話がペラペラになるには

 

フランス語をペラペラに話したい場合は、

 

  • フランス語のメロディやリズム
  • 話したい話題に必要な単語
  • ネイティブと話して修正

 

の3つが最低限必要です。

 

その他のフランス語会話の勉強については、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

もご参考になるかと思うので合わせてご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語