【フランス語の長文読解の勉強ですぐにできる3つのコツ】

フランス語のリーディングの勉強をしているけど、長文になると難しすぎてわからなくなる……。

 

この記事を読むと、

 

フランス語の長文読解の勉強のコツ

 

についてわかるようになります。

 

フランス語の長文読解の3つのコツ

 

結論から書くと、

 

  • 先に単語の意味を調べておく
  • 日本語で背景知識を手に入れる
  • リーディングのレベルを下げて復習する

 

のが、

 

フランス語の長文読解の勉強のコツ

 

です。

 

掘り下げます。

 

長文のフランス語が読み解けない3つの原因

 

フランス語の文が長くなったものの読解ができない原因は、

 

  • フランス語の文を読む経験が不足している
  • 長文の内容の背景理解が不足している
  • わからない単語や文法ががたくさんある

 

という3つのことが主に原因で起こります。

 

フランス語の文を読む経験が不足している

 

長文読解に挑戦する前に、

 

フランス語の文自体を読む経験が不足している

 

 

ちょっとした長いフランス語の文を読む集中力が身についていない

 

ので、

 

集中力が途切れて読解が難しくなる

 

ということが起きます。

 

それは、普段漫画ばかり読んでいる人が、急に新聞記事や論文に挑戦しても途中で挫折しがちなことに似ています。

 

長文の内容の背景知識が不足している

 

フランス語の文自体の理解はよくても、

 

内容の背景知識が不足している

 

 

読解がまったくできない

 

ということが起きます。

 

例えば理数系でない僕が、急に物理学の本(日本語)を読んでもほとんど意味が理解できないことと同じです。

 

わからない単語や文法がたくさんある

 

1つのフランス語の文の中にわからない単語が多数を占めた場合、

 

該当のフランス語の文の理解は不可能

 

と言われています。

 

また、1つのフランス語の文がわからないだけなら前後のフランス語の文の文脈で文意を補えることも可能なときがあるのですが、

 

長文全体的にわからない単語が多数を占めた場合は理解が不可能に近い

 

ということが起きます。

 

そして単語と同じように、

 

文法的に理解できていない文が多数を占めた場合の理解は不可能に近い

 

です。

 

当然ながら、わからない単語+わからない文法が多数ある場合は、

 

理解は不可能

 

です。

 

以上のことを前提に、長文理解の3つのコツについて簡単に解説していきます。

 

フランス語の長文読解の3つのコツを具体的に

 

先にも書いたとおり、

 

  • 先に単語の意味を調べておく
  • 日本語で背景知識を手に入れる
  • リーディングのレベルを下げて復習する

 

というのが、

 

長文のフランス語のリーディングの勉強の3つのコツ

 

です。

 

先に単語の意味を調べておく

 

勉強の段階では、

 

真面目に初めから長文の読解に挑戦する必要はない

 

です。

 

わからない単語は先にピックアップして全部調べておく

 

ことにより、

 

読解に集中できる(単語の意味でなく、文の解析に集中する)

 

ようになります。

 

日本語で背景知識を手に入れる

 

長文読解の長文が問題集のものなら、

 

  • 先に和訳を読む
  • 先に解説を読む

というのをおすすめします。

 

試験ではなく勉強であるので、

 

長文の理解がしやすくなる環境を整える

 

という目的にあいます。

 

そのため、

 

長文の背景知識を日本語でググって手に入れておく

 

ということもおすすめです。

 

カンニング的と思えるかもしれませんが、あくまで勉強なので、

 

読解に集中できる環境を整える

 

ことが大切です。

 

リーディングのレベルを下げて復習する

 

いきなり最初から長文のフランス語に挑戦している人は少ないかと思います。

長文にいたるまでに、いくつものフランス語の文でリーディングの練習をしてきたのではないでしょうか。

 

そして多くの場合、微妙な理解でも次のフランス語の文読解のレッスンに進んでしまったことがあるはずです。

それが、長文読解の枷の1つになっています。

 

ですから、一度読解のレベルを下げて復習することが大切です。

小手先の長文読解のコツの何倍も効くのが復習です。

 

とはいえ、読んで簡単に意味が理解できるようなレベルまで下げる必要はないです。

 

  • わからない単語が多い
  • 文法的にきっと理解できない文がある

 

というレベルになるまで下げ、

 

  • 単語の意味をきちんと把握する
  • 文法的にも理解できるまで調べたりする

 

ということをするだけで、復習だけでなく自然と何度もフランス語の文を読む練習にもなり、ふたたび長文になったときの理解度が段違いになっているはずです。

 

フランス語の長文読解の3つのコツは

 

フランス語の文の長文が理解できない場合は、

 

  • フランス語の文を読む経験が不足している
  • 長文の内容の背景理解が不足している
  • わからない単語や文法ががたくさんある

 

の3つの原因のどれかかと思います。

 

そのため、

 

  • 先に単語の意味を調べておく
  • 日本語で背景知識を手に入れる
  • リーディングのレベルを下げて復習する

 

という勉強のコツが有効的です。

 

この3つのコツの目的は、

 

フランス語の文の読解だけに集中できる環境を整える

 

ことです。

 

こちらも参考になるかも:

【(徹底解説)フランス語の読解(リーディング)のおすすめ勉強方法】

 

 

無料でフランス語ネイティブ講師とレッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語