【初心者がフランス語会話を上達させるための3つのコツ】

フランス語会話がなかなか上達しないけど、何かコツみたいなものはないかな?

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話の初心者が上達するための3つのコツ

 

についてわかるようになります。

 

初心者のフランス語会話が上達する3つのコツ

 

結論から書くと、

 

  • アウトプットを重視する
  • インプットを軽く見ない
  • 復習を欠かさない

 

 

3つのコツを使うことでフランス語会話が上達する

 

ようになります。

 

掘り下げます。

 

アウトプットを重視する

 

フランス語会話の上達には、

 

アウトプット(実際にフランス語を使ってネイティブと話す)ことが必須

 

です。

 

しかし、僕を含めそれを軽視すると、

 

  • フランス語会話の参考書で勉強する
  • フランス語で映画やドラマを見る
  • フランス語新聞を読む

 

ということだけで、

 

フランス語会話ができるようになると勘違いする

 

ということが起きます。

 

いくらリスニングやリーディングができても、

 

実際にフランス語を使って会話をする練習をしなければ、フランス語会話ができるようにはならない

 

ですから、億劫でも

 

実際にネイティブと話してフランス語会話の練習をする

 

ようにしましょう。

 

インプットを軽く見ない

 

アウトプット(実際にネイティブとフランス語を話す)のはフランス語会話に必須であるのですが、だからといっても、

 

インプット(アウトプットに必要なフランス語を勉強する)を疎かにしない

 

ようにしましょう。

 

ときどき見かけるのが、

 

フランス語会話レッスンを受けてさえいればフランス語会話ができるようになるという勘違い

 

です。

 

なぜでしょうか?

それは、

 

  • フランス語会話のレッスンには2つのタイプがある
  • カリキュラムがあるタイプのレッスン:自分が使うかわからないカリキュラムの内容のフランス語会話しか習わない
  • 自由対談タイプのレッスン:講師は僕たちが何をフランス語で話せるようになりたいのかわからない

 

からです。

 

そのため、

 

自分が話したいことをフランス語で話せるようになるには、ある程度自分で準備しておいたほうがよい

 

です。

 

具体的には、

 

自分がフランス語で話したいことに必要な:

  • 発音(必要な単語や文などが発音できること)
  • 単語
  • 決まり文句
  • 文法
  • リスニング(必要な単語や文が聞き取れること)

 

の準備です。

 

日常的なフランス語会話に加え、自分が話したいことをフランス語で話せるようになると、上達感がだいぶ違います。

 

復習を欠かさない

 

フランス語会話のレッスンのあとは、

 

絶対に何度か復習する

 

ようにしましょう。

 

その理由は、レッスン中に

 

  • 講師に直されたフランス語の文
  • 講師に直されたフランス語の発音

 

を、

 

口頭で再現できるようにするため

 

です。

 

メモに取ったものを読み返したりして、読んで理解することよりも、

 

口頭で再現できるように復習

 

することのほうが、フランス語会話の上達には必要です。

 

そして、口頭で再現できるようにするには、

 

講師とのフランス語会話の記憶(音の記憶)が残っているうちに復習する

 

しか方法がありません。

 

初心者がフランス語会話を上達させたいのなら

 

フランス語会話の初心者が上達をしたい場合は、

 

  • アウトプットを重視する
  • インプットを軽く見ない
  • 復習を欠かさない

 

という3つのコツを使うようにしましょう。

 

具体期なフランス語会話の勉強方法については、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

がご参考になるかと思うので、合わせてご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語