【フランス語会話の初心者が撃沈しないための3つの対策方法】

フランス語会話レッスンを受けているけど、いつも撃沈ばかりで嫌になる……。

 

この記事を読むと、

 

フランス語会話レッスンで撃沈しない3つの対策方法

 

についてわかるようになります。

 

フランス語会話のレッスンで撃沈しないための3つの対策方法

 

結論から書くと、

 

  • 準備する
  • 100パーセントできなくてもOKという気持ちを持つ
  • 復習する

 

という方法によって、

 

フランス語会話レッスンで撃沈することが少なく

 

なります。

 

フランス語会話レッスンで撃沈する大きな原因

 

僕もそうでしたが、フランス語会話のレッスン中では、

 

  • 恥ずかしくて話せない
  • フランス語がでてこない
  • 間違いが多い

 

という経験をして撃沈しがちです。

 

そして、撃沈を繰り返すとレッスンが億劫になり、やがてフランス語会話を諦めてしまうことも……。

 

そうならないためにも、

 

  • 準備する
  • 100パーセントできなくてもOKという気持ちを持つ
  • 復習する

 

という対策が役に立ちます。

 

掘り下げます。

 

3つの対策でフランス語会話レッスンでの撃沈を防ぎましょう

 

準備をする

 

フランス語会話のレッスンで撃沈最大理由の1つが、

 

何も準備しないでレッスンを受けること

 

です。

 

特に初心者の段階では、講師とのコミュニケーションも難しいので、準備をしておいたほうがよいです。

 

具体的には、

 

  • その回のレッスンでどんなフランス語を話せるようになりたいのかを決める
  • 必要な単語や文はなんであるかを調べる
  • わからないことは質問としてまとめておく

 

などがあります。

 

100パーセントできなくてもOKという気持ちを持つ

 

中上級者でもフランス語会話中に間違えることはあります。

それが初心者ならなおさらです。

 

ということを知っていても、間違えるとへこみます

準備していても間違えることも多いので、更にへこんだりも……。

 

そこで持ちたいのが、

 

100パーセントできなくてもOKという気持ちを持つこと

 

です。

 

初心者はたくさん間違えてあたりまえ。

間違えないのなら、初心者ではありません。

 

わたしも日本語教師をしていたのでわかりますが、先生のほうも、初心者が間違えることは問題ないという気持ちでレッスンに挑んでいます

 

ですから、

 

レッスンの最中にいくら間違えてもOKという気持ちを持つ

 

ようにしましょう。

 

復習する

 

レッスンのあとは復習をしましょう。

 

間違っているところを直されても、人は1度では覚えることはできないようになっています。

 

そのため、

 

  • レッスン直後
  • 数日おき
  • 次のレッスン直前

 

に簡単でもいいので復習するようにしましょう。

 

上でも書きましたが、

 

初心者は準備しても間違えてあたりまえ

 

です。

 

そのため、

 

  • レッスン中に準備したフランス語の文を直される
  • 復習する
  • 言いたいことが『きちんと』言える範囲が広がる

 

という流れを辿ることがおすすめです。

 

フランス語会話の練習で撃沈しないためにも対策をしましょう

 

フランス語会話のレッスンは、

 

  • 準備する
  • 100パーセントできなくてもOKという気持ちを持つ
  • 復習する

 

という3つの対策を取ることによって、撃沈する可能性を減らすことができます。

 

フランス語会話全体の勉強の仕方については、

 

【(徹底解説)フランス語会話ができるようになる4ステップの勉強方法】

 

がご参考になるかと思うので、合わせてご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語