【フランス語の聞き取り(リスニング)が全くできない3つの原因】

フランス語の聞き取り(リスニング)の勉強をしているけど、全くできるようにならない!

何が悪いの……。

 

この記事を読むと、

 

フランス語のリスニングをしようとしても全く聞き取れない3つの原因

 

についてわかるようになります。

 

全くできないフランス語のリスニングの3つの原因

 

結論から書くと、

 

  • 発音力が足りていない
  • 自分の発音にこだわっている
  • たくさんの音を一気に理解しようとしている

 

という3つの原因で、

 

リスニングが全くできない状態

 

を作っている可能性が高いです。

 

掘り下げます。

 

発音力が足りていない

 

フランス語の聞き取りをするときの土台となる力が、発音力です。

 

フランス語の発音力がないままリスニングをしても、

 

日本語の音域内でしかフランス語の音を分析できない

 

ということが起きるからです。

たとえば、Lの音もRの音もラ行の発音に聞こえてしまう、のようなことです。

 

なぜなら、

 

人間の脳は幼児期に周りの主要言語の音を効率良く聞き取れるようにチューニングされるから

 

です。

 

自分の発音にこだわっている

 

読めるフランス語が聞き取れないというようなときは、発音力の不足だけでなく、

 

自分の発音にこだわっている

 

ということがあります。

 

どういうことかというと、

 

フランス語を『読んでいるときの発音』を想定してリスニングしているので、本当の発音の受け入れられない

 

というものです。

 

リスニングができない時点で発音力が不足しています。

 

そして発音力が不足しているときの『フランス語を読んでいるときの発音』は、基本的に間違っています

 

なぜなら、

 

日本語の発音領域内でフランス語を発音しているから

 

です。

 

そういった間違ったフランス語の発音の知識と技術にこだわっていると、リスニングをしても聞き取れません。

 

たくさんの音を一気に理解しようとしている

 

フランス語の音は聞き取れるけど、意味の理解ができないという場合は、

 

フランス語の音で意味を理解するための練習が足りていない

 

ということが起きています。

 

また、多くの場合

 

フランス語の音で意味を理解する練習の範囲設定が間違っている

 

ということも同時に起きている可能性が高いです。

 

簡単に掘り下げます。

 

リーディングのように、文字という形があるものを通じて意味を理解するのと違い、

 

リスニングは形のない音だけで意味を理解する技術

 

です。

 

そのため、言うまでもなく

 

どれだけ一瞬でフランス語の音だけで意味が理解できるか

 

が鍵になります(リーディングは、理解が止まったら即座に文の少し前に戻り文字から確認できるが、リスニングはできない)。 

 

そして理解は

 

  • 単語単位
  • 文節単位
  • 文章単位

 

があるので、

 

  • 文章単位で理解できない場合は文節単位
  • 文節単位で理解できない場合は単語単位

 

にと、

 

リスニングの範囲を短く区切る

 

ようにして、

 

音だけでフランス語の意味を理解する練習

 

しないとできるようになりません。

 

フランス語のリスニングが全くできない原因は

 

現在日本語の音を聞いて意味さえ理解できるのなら、

フランス語のリスニングもできるようになります。

 

もし全くできない場合は、

 

  • 発音力が足りていない
  • 自分の発音にこだわっている
  • たくさんの音を一気に理解しようとしている

 

の3つの原因のどれかが当てはまっていないか、一度確認してみましょう。

 

フランス語のリスニングの勉強方法については、

 

【(徹底解説)フランス語の聞き取り(リスニング)のおすすめ勉強方法】

 

もご参考になるかと思うのでご覧くださいませ。

 

無料でフランス語レッスン体験
>> ベルリッツ・フランス語