【英会話 : 聞こえてきた英語の発音を疑ってから発音の力をつけましょう】

聞こえたままに英語を真似たら英語の発音がよくなると聞いて実践したのに、実際の英会話で相手に通じなかった経験はありませんか?

 

 

聞こえた英語は英語の発音じゃありません

 

 

聞こえてくる英語の音は実際の発音とは違います。

そのため『聞こえてきた』英語をそのまま発音すると、実際に発音された音とは違うように発音してしまうことになります。

その理由を以下に説明します。

 

 

スポンサードサーチ

英語初心者が聞こえてきた英語の発音をそのまま真似しないほうがよい理由

 

 

簡単に説明すると、

 

  • まだ英語が話せない状態で聞こえてきた英語の発音は日本語の発音として認識されるので、そのまま真似しないほうがよい

 

ということです。

 

なぜネイティブが話した本物の英語が日本語の発音として聞こえてしまうのかというと、脳の仕様です。

それについて説明します。

 

人は生まれてきて約1年くらいまでは、世界の言葉の音をすべて聞き分けることができています。

 

それは日本人の子どもも同じです。

日本人が苦手とするLとRの聞き分けができています。

 

しかしその時をすぎる頃になると、だんだんと脳がその子どもにとって一番必要な言葉の音に焦点を合わせるようになっていきます。

それが一般的に母語と呼ばれている言語の発音です。

 

そのような音の取捨選択が起きる理由を簡単に説明すれば、

 

 

  • 使わない発音情報を捨てて脳の負担を減らすため

 

とされています。

 

そうしてそのような発音の取捨選択が行われたあとは、捨てられなかった音を通じて世界の発音の音を理解するようになります。

 

つまり、外国語の音は自動的に日本語の音に変換されて聞こえるようになるのです。

 

その結果、例えばLもRの音も違いなく『ら行』の音で間に合わせるということが行われるようになります。

 

その状態で『聞こえている』と思っている英語の音を真似しても、すでにその音は日本語の音化しているので真似しきれていません。

 

また、例えば自分の発音を録音して比べてみても、オリジナルの発音も自分の発音も日本語の音を通して聞こえているのでチェックの役に立つかは疑わしいものがあります。

 

じゃあどないすればええねん、となりますね?

 

 

スポンサードサーチ

聞こえてきた英語を真似できるように聴音を学び確認してもらいましょう

 

 

実は僕も随分前にスピーキングやリスニングの練習をし始めたときにその間違いを犯していた口です。

 

日本語の発音にチューニングされた脳のことなど知らず、『自分にはこう聞こえている英語の発音』を真似していました。

 

そして当然のことながらその発音は通じませんでした(泣)

 

結局その後僕が試して効果があったのは、

 

  1. 調音の学習と練習
  2. プロソディの学習と練習
  3. 英語ネイティブと話す

 

の3つでした。

 

調音とプロソディを合わせて発音です。

 

参考:

【英会話の上達のために発音の違いを知っておきましょう】

 

そしてもちろんながら、この記事は『調音』に関するものです。

調音は、

 

  1. 調音位置
  2. 調音方法

 

に分かれます。

その2つによって世界中の様々な言語で使われる音が作られます。もちろん日本語もです。

 

そして当然、英語には英語の調音があります。

そのため英語を話すための1歩として英語の調音を身につける必要があります。

 

僕がした勉強方法は、

 

  1. 知識として調音個所、調音方法と発音記号を軽く俯瞰する(おすすめサイト:東京外国語大学
  2. 実際に英語の発音を練習してみる(おすすめサイト:BBC Learning English(ページ下部から上に勉強していく)
  3. 1や2で学んだことを思い返しつつ、短編の映画やドラマでシャドーイングを2週間くらいしてプロソディを身につける
  4. ネイティブと話して調音を調整していく

 

というものでした。

 

合わせて読みたい:

【英会話:発音記号だけを覚えても話せるようにはなりません】

 

 

特に最後の4がとても重要です。

なぜなら、非ネイティブの発音の合否を判断するのはネイティブしかできないからです。

スマホで自分の発音を録音してネイティブと聞き比べて修正していくという勉強方法は、あくまでネイティブに正解とされた発音の経験を持ってから有効になります。

ネイティブに正解とされていない時点での聞き比べは、日本語の発音専用にチューニングされている脳を使って聞いているので誤る可能性が大です。

 

ここで問題が発生するかもしれません。

1~3までは容易にできるのですが、4のネイティブと話して調音を調整していくというのは他人を必要とするので、相手が見つかるまで大変かもしれません

 

身近にネイティブの知り合いがいない場合は、僕も使っているHelloTalkのような言語学習者交流アプリやDMM英会話のようなオンラインレッスンが使えます。

 

言語学習者交流系のアプリを使って会話相手を探す場合は、

 

  • 相手の日本語レベルとこちらの英語レベルが同じくらい(違い過ぎると片方の負担が大きすぎて続かなくなる)
  • 女性は同性を選んだ方が無難(出会い系と勘違いしている人やセクハラ行為などを避けるため)

 

に注意して探しましょう。

 

そういう煩わしさが嫌なら、1か月でもいいのでお金を払ってオンライン英会話レッスンを申し込むのもよいかと思います。

 

留学より安いし、マンツーマンで集中できます。

あと楽しいです(個人談(笑))

 

参考:

【(実際にレッスンを体験してみた)人見知りで会話下手だけどDMM英会話ってどうなの?】

 

 

スポンサードサーチ

調音の正解を知ってから『聞こえてきた英語』を真似して英語力を伸ばしましょう

 

 

脳は使わない情報は切り捨てて、いつも使う情報で世界も発音も認識していくようになります。

そのため、僕ら日本人が使わない英語が聞こえてきても、それが『生の英語の音』ではなく『日本語の音に変換された英語の音』だったり。

そのような変換された英語を真似ても英会話の向上には足りないものがたくさんあります。

 

そうではなく、しっかりと明確な知識と練習を重ね英語力の向上に努めましょう。