【オンライン英会話のやめどきの基準はこの2つです】

きちんとした卒業シーズンのないオンライン英会話はいつ辞めればよいのか考えていませんか?

 

去り際を知ることも大切なことですよ。

 

この記事を読むと、

 

オンライン英会話をやめるベストタイミング

 

がわかるようになります。

 

 

 

 

英会話レッスンを辞めるのは2つの技術を手に入れた時です

 

オンライン英会話や英会話教室で英会話を学んでいて辞め時に迷ったら、

 

  • 発音(調音・プロソディ)技術
  • 自然な構文(文法の正しい理解)技術

 

の習得を目安にしましょう。

調音とプロソディが分からないという方は【外国語を勉強する前に知っておきたい発音の『調音』と『プロソディ』の違いの重要性】をお読みください。

 

この2つの技術を身につけたら、もう十分です。

卒業して次のステップへ踏み出しましょう。

 

しかしなぜこの2つの技術の習得が英会話レッスンの辞め時にあたるのでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

発音と自然な文の作成技術が英会話レッスンのやめどきの基準になる理由

 

発音(調音・プロソディ)と自然な構文に問題がなくなったら英会話教室やオンラインレッスンを辞めるいいタイミングである理由は、

 

発音が正しいのか、自然な文の作成はできているのかの判断をできるのはネイティブだけ

 

だからです。

 

にべもない言い方をすれば、発音と構文は一人だけで勉強しても身につけることが不可能ということです。

 

なぜなら脳の構造上、発音(聞く・話す)と構文(文の組み立て)が自然に身につく年齢はだいたい7歳ごろまでとなってしまっているからです。

 

しかし発音や構文を英会話レッスンでしっかり身につけるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

英会話レッスンを通じて発音や構文をしっかりと身につける方法

 

発音にせよ構文にせよ、しっかりと身につけるには意識を能動的にする必要があります。

 

なぜなら、注意が向いていない事柄に関しては脳は記憶に残そうとしないからです。

 

では具体的なレッスンの受け方について書きます。

 

  • 発音:なるべく会話する(一方的にならないようにする)
  • 構文:レッスン中に教科書を読まない(=文法は自分で勉強しておく)

 

の2点です。

 

レッスン中はなるべく会話するようにしましょう。

会話することで、こちらが相手の英語の理解する(聞く)、相手がこちらの英語を理解する(話す)度合いがわかります。

 

そして講師に逐次発音についておかしなところを直してもらうようにしましょう。

もし一方的に話すような講師の場合、講師の交代も視野に入れましょう。

 

発音(調音・プロソディ)の上達には知識と実践が必須になります。

もし知識がまだない場合、【英会話 : 聞こえてきた英語の発音を疑ってから発音の力をつけましょう】をお読みください。

発音の勉強方法なども書いてあります。

 

すべての英会話レッスンではないのですが、中には教科書を使っているところもあります。

そういう場合、レッスン前に教科書は読んでおきましょう。

特に文法事項の箇所

 

読めばわかることをわざわざ講師に説明してもらう必要はありません。

重要なことは、学んでおいた文法を使って会話中にうまく文が作れるかどうかです。

なぜなら文法の知識はあっても、実際に使うときは難しいものだからです(英語ならたとえば仮定法など)。

 

そして動詞と名詞のコンビネーションや言い方も僕たち非ネイティブとネイティブの感覚は違います。

そのためどんどん勉強しておいた文法を使い話してみて、どんどん直されることが大切です。

 

そうして発音も構文も直されることが無くなったころが英会話レッスンの辞め時です。

 

 

スポンサードサーチ

英会話レッスンを辞めた後は英語を自由に話せるパートナーを見つけましょう

 

発音と構文を身につけ、英会話レッスンに区切りを付けた後は言語パートナーを見つけるようにしましょう。

要は講師じゃないけど英会話を話せる相手です。

 

なぜなら、

 

英会話レッスンで学べる英会話は一定の標準レベル

 

だからです。

 

崩した英会話に慣れるならやはり英会話ができるパートナーを見つけた方がよいです。

 

他言語学習者交流会などもあるのですが、そういうの敷居が高すぎるという人には言語学習者交流アプリやサイト(HelloTalkTamdenなど)がおすすめです。

 

ちなみに、英会話がまともにできない段階で先に言語学習者交流アプリやサイトを使うのはおすすめできません。

 

その理由は、

 

  • 英語教授法を持っている人がすくない(間違いの直しが正確でない。説明が適当になってしまう)
  • お互いの外国語レベルが低い場合、コミュニケーション自体が成り立たない
  • 出会い系と勘違いしている輩が少なからずいる

 

からです。

 

そのため、初めはやはりきちんと英語教授法を持った講師に英会話を習ったほうがよいです。

 

きちんとしたスタンダードな英会話ができるようになってから、英会話のバリエーションを増やしていきましょう(おすすめなオンライン英会話などについては【(体験談)DMM英会話のレッスンを3か月続けてみた感想】【料金順・英会話オンラインレッスン(オンライン英会話)16社ランキング】をよかったら参考にしてくださいませ)。