【EGG(東方生成文法))とザグレブの観光情報について】

ニース大学のバカンス中に、EGG(Eastern Generative Grammar:東方生成文法)合宿へ参加することになりました。

 

 

EGGとは?

 

言語学の知識を深めるため、東欧の国で開かれるサマースクール

今年2018年はボスニア・ヘルツェゴビナのバンニャルカ

生成文法、意味論、音韻論などを学べる。

お安く、さらに教師生徒間の垣根を低くして言語学を学ぼうということで言語学者たちにより始められた。

 

 

ニースからの行き方

 

今回僕はルフトハンザドイツ航空を利用しました。

ミュンヘン経由ザグレブ行き

 

ザグレブ行き?

 

そうなのです。

ニースからバニャルカへの直通はないので、マケドニアの首都・ザグレブからバスで向かうことに。

ミュンヘンで乗り換えればよいから簡単ですね!

 

しかしそうは問屋が卸さない。

トラブルを招く男とあだ名される僕がいつものようにトラブルに。

 

まさかの乗り継ぎ失敗。

 

ニースからの便が遅れ、ミュンヘンに到着したときにはザグレブ行きの搭乗時刻を大きくオーバー。

おまけにこういう時に限って、出国手続きが遅延……。

 

ザグレブ行きの便は夜の便へ無料で変更。

と同時に、バンニャルカ行きのバスは無効に。

 

ザグレブ空港に22時過ぎに着き、出発ロビーへ移動しそのまま空港で就寝。

 

空港バスはもうありませんでした。

 

翌朝そっこうバスに乗られるように、両替所で10ユーロをクロアチアの貨幣クーナへ。

70クーナになったので、1クーナ約18.5円。

 

朝6時半のバスに乗り市内へ。

乗り場は到着ロビーを出て右手にありました。

料金は30クーナです。

 

30分ほどで市内のバスターミナルへ。

そしてすぐ9時発バンニャルカ行きのチケットをカードで購入。

123クーナです。

 

 

このターミナルからは、ドゥブロブニク行きのバスもでています。

エスカレーター上、まっすぐ行くと切符売り場があります。

オンラインでも買えます。

別リンクへ飛びます→ http://www.akz.hr/en

 

出発まで2時間。

余裕をもって1時間半がタイムリミット。

観光開始です!

 

ザグレブは

 

一言でいうと、ラブリーな町でした。

 

アートパビリオン

 

ハート形の街灯

 

ザグレブ大聖堂

 

これでだいたい徒歩45分

バスターミナルへ戻ります。

帰り道のスーパーでバナナ一本となぜか水より安いレモンティーを購入。

だいたい5クーナ10リーパ(100リーパで1クーナ)くらいです(バナナの重さによる)。

残り4クーナと90リーパです。

 

 

3クーナの大切さ

 

ちょっと硬貨が余ったなとバスターミナルで4クーナのお菓子を購入。

そこで問題が発生。

 

トイレが有料。

長距離バスへ乗る前に用を足しておきたいのは万人に共通の願いではないでしょうか。

そんな願いを引き裂くかのように3クーナの投入口が虚無の目でこちらを見つめ返します。

 

僕は売店に戻り返品しました。

売店のおばちゃんは渋々と言った表情で返金してくれました。

すみませんでした!

 

たかが3クーナされど3クーナ。

ザグレブからバスへ乗ってどこかを目指す場合、人間の尊厳を3クーナで守れるのです。

みなさんも3クーナは残しておきましょう。

 

バス乗り場はこの先にあります。