【ボスニア・ヘルツェゴビナのブルチコ観光情報】

バニャルカ~ベオグラード間バスの中継地、ブルチコへやってきました。

クロアチアとの国境沿いの町です。

 

ザグレブバニャルカ→ブルチコ。

 

 

バニャルカからバスに乗りましょう

 

バニャルカからのバスは片道12ユーロ。

所要時間約4時間です

 

ブルチコ~ベオグラードのバスが片道10.5ユーロ。

バニャルカ~ベオグラードのバスが片道20ユーロちょい(時間帯によって変わる)なので、長時間バス移動の休憩地点(バニャルカ~ベオグラードをバス移動すると休憩時間も込みで8時間ほどかかる)として考えるのもよいのかもしれません。

余ったマルクを使い切るのも手かと。

 

僕が買ったバスチケットは、

 

  • バニャルカ7時50分発ブルチコ11時半ブルチコ着
  • ブルチコ16時発ベオグラード19時半着

 

の2枚です。

Busticket4meというサイトで買いましたが、バスのターミナルで1.5マルクをゲート通過料(?)として取られました。

ベオグラードでも同じようなことが起きたので、財布の中身要注意です。

 

というわけで、ゲート通過してプラットフォームへ来たバスはこちら。

 

クーラーもついてて、なかなか乗り心地のよいバスでした。

そして途中でトイレ休憩を挟み4時間後にブルチコへ到着。

 

 

ブルチコは、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国の両国にまたがる行政区という政治的に微妙な場所。

 

と読んできていたけれど、実際にくるとリゾート地区かというのどかさ。

 

 

Bosne Srebrene通り

 

昼間に着いたせいか暑さのせいか、大通りを歩く人はまばらで、もっぱらレストランに固まっていました。

 

 

ピカチュウ?かと思いきや、

 

 

ホラーなウサギ(ポップコーン屋さん)。

 

 

Vijećnica市庁

 

 

この建物のデザインを眺めるだけでもブルチコに来た意味があると思うほど感激しました。

色使いも素敵です。

 

 

国境

 

 

この向こう側がクロアチアへとつながる橋。

 

サヴァ川は写真上では左から右へと流れていきます。

魚釣りをしている人も。

 

市場

 

 

あまったマルクをここで消費するのもよいかと思いました。

 

食べ物

 

 

 

 

トルティーヤとコーラで4マルク!

中身を好きに選べます。

美味しかったです

 

 

そしてベオグラードへ

 

 

残りのマルクで買ったおっとっとのようなお菓子。

味は乾パンのようでした。

 

ベオグラード行きのバス。

 

 

今回は余分に払うことはありませんでした。

バス停のトイレは無料でしたが、いわゆるぼっとん式でした。

 

このまま先ほどの国境の橋を越えクロアチア経由でベオグラードへ行くのかと思いきや、バスは南へ。

 

 

2時間ほどでボスニア・ヘルツェゴビナとセルビアの国境へ。

 

 

 

窓の外では緑が広がる。

 

そしてベオグラード到着。

 

 

19時半ほぼぴったりで予定通りでした!