【ドブロヴニク観光情報・観光について】

ニース→ザグレブバニャルカブルチコベオグラードプリシュティナプリズレンウルツィニコトル→ドゥブロヴニクへと移動してきました。

 

おすすめホステルはこちら

 

1973年に世界遺産登録されたドゥブロヴニクですが、クロアチア独立の影響で1991年から7か月間、旧ユーゴスラビアによる攻撃がありました。

 

そのせいか、モンテネグロ(当時のユーゴスラビア側)、クロアチア間での国境コントロールで、この旅で唯一、何日クロアチアで滞在するのかという質問を受けました(他のところでは、セルビア、コソボ間でも質問など無しにビザがもらえた)。

 

砲撃により旧市街もダメージを受けたとのことですが、今は平和でのどかな観光スポットになっていました。

 

 

旧市街について

 

ドゥブロヴニクと言えば、やはり旧市街。

僕の宿泊していたHostel Free Birdからは20分ほど歩きます。

初めは登り坂、そして途中で下り坂になります。

そして城門へ到着。

 

 

Vrata od Pilaという名前だそう。

 

城門をくぐると整った石畳と薄いベージュ色の建物が整然と広がっています。

 

 

旧市街内では、教会、博物館、レストランなどがあります。

城壁の上を散策することもできますが、150クーナ(約20ユーロ)かかります。

旧市街の北の山の頂に位置するFort Imperial砦に行くケーブルカーも150クーナかかります。

僕は予算的な問題で、城壁上の散策を諦めました。

旧市街内を散歩するだけでも楽しめると考えたからです。

 

聖ブラホ教会。

 

ドゥブロヴニク大聖堂

 

 

この階段を上ると、

 

 

Saint Ignatius教会が現れます。

 

 

教会前の道を下らず右回りに行くと、市井の生活が見えたりします。

観光スポットだからって、一般市民も普通に生活してますよね。

 

 

 

このアイスが安くてうまかった

 

Vrata od Pilaをくぐると右手に水飲み場があります。

Large Onofrio’s Fountainという名前だから噴水なのかも。

 

 

僕も持参したペットボトルに入れて飲みましたが、特にその後問題ありませんでした

その水飲み場を過ぎてすぐに右手にあるアイスクリーム屋さん。

 

奥に見えるのがアイスクリーム屋さん。

このチョコレートアイスクリームが15クーナと他のアイスクリーム屋さんと比べて少し安かったですが、とてもおいしかったです。

 

 

お店の目の前では路上演奏も行われていました。

 

 

Fort Imperial砦について

 

 

夕方近くになり、山上の砦から町を一望しようと思いました。

砦のある山へ登る方法は3つあります。

 

・徒歩(無料)

・ケーブルカー(150クーナ)

・タクシー(交渉による。ケーブルカーと同じ値段でよいと誘いに来た)

 

僕はこの日の朝、Kotorの砦を上っていて疲れていたので、ケーブルカーを選択しました。

そしたら、みんな夕日が見たいと考えることが同じなせいか、長い行列が。

 

サッカークロアチア代表も行儀よくならんでいます。

 

30分以上待ちました。

チケットはケーブルカー乗り場でも買えますが、旧市街北門を出た所のお店でも買えます。

すべて値段は同じでした。

 

山頂からの眺めは確かによかったです。

が、

 

 

いかんせんケーブルカーのケーブルが視界の邪魔。

 

 

すこし下ったり、遠ざかったりとみんな色々な試みをしていましたが、やはりケーブルが邪魔という気持ちになりました。

今思えば、市バスが旧市街を南西から見渡せるところまででているようなので、そちらから眺めたほうがよいのかもしれません。

 

 

 

Saint Mary in Dance教会について

 

 

 

ホステルの人に夕日のスポットならどこがよいかと聞いた時に教えてもらった場所のひとつ

砦を下った時はもう完全に日が暮れていましたが、たしかに人も少なくよいスポットだと思いました。

 

僕の6年目のI-Pod touchでは暗い写真は難しい…。

 

行き方はVrata od Pila城門を背中にまっすぐ行くと見えてくる

 

 

このレストランを左へ。

一本道をあがっていくと駐車場に辿りつきます。

駐車場脇にある道を下っていくと教会へたどり着きます。

その脇は墓地です。

おそらく墓地の奥からさらに夕日のよく見えるスポットがあるのでしょうが、何分まっくらでしたので足を踏み入れませんでした(汗)

日が完全に沈む前に行くのがよいでしょう。

 

 

ドブロヴニクからシュコダルへ行く方法

 

寝ぼけているのかぶれっぶれっの写真。ちなみにバスの出発が20分ほど遅れました。

 

翌朝、アルバニアのシュコダルへ行くために7時15分のバスに乗ります。

37・5ユーロ

予約はいつものこのサイト

途中クロアチア、モンテネグロ間、モンテネグロ、アルバニア間での国境コントロールがあります。

ポドゴリツァのバスターミナルで乗り換えがあります。

 

 

乗り換えの前にもらうこのチケットを失くさないようにしましょう。

途中で回収しに来ます。

そして理由はわかりませんが、ポドゴリツァのバスターミナルを出ると街の郊外でふたたび乗り換えがありました

 

ちなみにドゥブロヴニクからは進行方向に対して右側の座席を確保すると、アドリア海や眺めながらバスの旅ができます。

 

 

やはり、ケーブルカーよりバスで旧市街を下ったほうが眺めがよい。

 

15時半にアルバニア・シュコダルへ到着