【英会話に必要な単語数と英単語の効率的な覚え方】

英語を話すために英単語を覚えなきゃいけないのはわかるけれど、どのくらいどうやって覚えたらいいのですか?

 

この記事を読むと、

 

  • 英会話に必要な英単語数
  • 英会話のための単語の効率的な覚え方

 

がわかります。

 

 

英会話に必要な英単語の数

 

 

日常英会話に必要な英単語数は約3000だとされています。

3000語以上は、専門的な分野の会話で使われる単語です。

 

また読んだり書いたりはするけれど話すときには使わない単語も含めれば2万語。

大卒なら4万語は最低。

 

というわけで、僕たち日本人が英会話ができるようになるためにはまずは日常会話に使われる3000語を身につける必要があります。

 

 

スポンサードサーチ

英単語を効率的に身につける方法

 

なによりも音声メインで覚えましょう。

 

  • 〇音声+意味
  • ✖文字+意味

 

言うまでもなく、英会話は音声で成り立っています。

そのため、

 

  • 相手の英語を聞いてわたしがわかる
  • こちらの英語を話して相手がわかる

 

が必須です。

 

ですから、

 

  • 単語の書き方を覚える
  • 単語を書いて覚える
  • 単語を日本語(ふりがな)で読んで覚える

 

はしないようにしましょう

 

『文字+意味』で単語を覚えてしまった単語は英会話では使えない

 

ようになります。

そのため、

 

覚えたすべての英単語を音声で総復習するための莫大な時間が必要

 

になり効率的ではありません。

文字も覚えることは悪くはありませんが、何よりも音声がメイン、ということを念頭にしておきましょう。

 

ぶっちゃけ音で覚えてから読みや書きの練習をする方が、英会話の上達には向いています。

 

 

スポンサードサーチ

覚えた英単語を忘れにくくする効率的な方法

 

  • 繰り返すこと
  • 物語性を持たせること

 

英単語を忘れにくくする解決方法です。

 

3000語も単語を1回で覚えることは基本は不可能です。

何度か繰り返すことにより英単語が脳に染みついていきます。

 

さらに物語性を持たせると芋釣り式に記憶が繋がり英単語が忘れにくくなります。

 

  • 〇英単語+解説などの背景
  • ✖英単語+日本語訳

 

 

スポンサードサーチ

英会話のためにおすすめな英単語の参考書

 

本:

 

音声付きで英会話に必要な英単語を例文で学べておすすめです

 


実用的な英単語が使われる場面などの解説(物語性)がありおすすめです

(単行本版)


(kindle版)

 

 

似た意味の単語の使い分けが全編カラーのマンガでわかりやすくておすすめです 

(単行本版)


(kindle版)

 

アプリ:

ゲーム感覚で使える音声付きの単語帳

 

 

 

(中級者以上向け)日本語音声で英語字幕の設定ができるおすすめの日本の映画DVD:

日本の作品を

 

  • 日本語音声
  • 英語字幕

 

で見ると、

 

ふだん僕たちが話している日本語は英語だとこういうのかと勉強になります。

慣れたら英語音声で英語字幕で勉強することにも使えます。

海外人気を反映してかアニメ作品に多いです。

 

英語字幕を表示できる日本映画のDVDは【英会話学習におすすめな日本語音声×英語字幕のできる日本映画18選!】にまとめました。

 

 

スポンサードサーチ

具体的な英単語の勉強の仕方

 

一冊の参考書や1つのアプリを何度も復習してもよいです。

しかしそういうのが苦手な人は、

 

  1. おすすめの本・アプリをすべて用意
  2. 勉強して飽きたら別の本やアプリで勉強を繰り返す

 

という方法がおすすめです。

なぜなら

 

介した参考書やアプリにでてくる英単語は被っていることが多い→別の本やアプリを使うことが復習にもなる

 

からです。

1冊や1つのアプリを集中して使える人はいいのですが、僕のようにそうでない場合は教材の利用を回転させることもおすすめです。

 

英文法の勉強の仕方については【必要な最低限の文法の知識がなければリスニング力の向上はありません】

 

英語の発音については【外国語を勉強する前に知っておきたい発音の『調音』と『プロソディ』の違いの重要性】

 

英会話の練習については【英会話の上達にアウトプットと他人を必要とします】の一読がおすすめです。