【英会話は中学英語で可能な理由】

大人になってから英語をもういちど勉強しようと本屋に行ったりしていませんか?

 

英語の教本の多さに辟易して、どれがよいかわからず、いちばんわかりやすそうなものを選んだけれど、うちに帰ったら数ページ見ただけでほこりをかぶっている。

 

それは選ぶべき英語教材を間違っているから起こることです。

 

 

勉強すべきは中学英語です

 

 

英語の参考書で挫折してしまう理由は1つです。

 

  • その本を読む知識がまだない

 

ということです。

これは英語の参考書だけに限りません。

 

僕は最近はやりのAIに関する本や論文を読もうとしたら3分もたたずに寝てしまいます(笑)

そもそもAIに関する基礎が頭にないのでそうなってしまうわけです。

 

英語の教本も同じです。

わからなくて本をほうりなげてしまう場合は、書かれている内容の知識の基礎が頭にないからそうなってしまうのです。

自分が知らないことが前提知識として書かれていて説明がないので、わけわからん(涙)、になるのです。

でも、落ち込む必要はありません。

段階をきちんと踏めば問題ないからです。

 

そこでおススメしたいのが

 

  • 中学英語

 

です。

 

 

スポンサードサーチ

中学英語が英語学習や英会話によい理由

 

 

中学英語は日常生活の英会話カバーできる材料が揃っています。

普段の友だちやお店での会話を思い出してほしいのですが、難しいことはあまり話していないはずです。

 

それは当たり前で、ビジネスシーンや法廷、専門書を読むようなことがないかぎり、人は簡単な言葉でコミュニケーションをとっているからです。

 

しかしその簡単なコミュニケーションができなければ、難しい会話もできません。

言葉を話し始めた子どもがいきなり裁判官のような話し方をすることはありませんよね(ブッダはそうかもしれませんが)。

 

 

スポンサードサーチ

中学英語が日常英会話をカバーする理由

 

 

学校で学ぶべき内容というのは文科省の指導要領で決まっています。

そこで文科省の中学生用の外国語教育のページを読んでみると、

 

a特有の表現がよく使われる場面

・あいさつ

・自己紹介

・電話での応答

・買物

・道案内

・旅行

・食事など

b生徒の身近な暮らしにかかわる場面

・家庭での生活

・学校での学習や活動

・地域の行事など

 

ということが書かれています。

そしてそれに対応した、表現方法を学べる学習環境が望ましいとされています。

 

この指導要領に基づいて各教科書会社は教科書をつくるので、中学英語の教科書というのは日常会話で使われる英語を勉強するのによいというわけです。

 

一番よいのは、中学校の思い出も残っている自身の英語の教科書です。

 

でも僕もそうですが、中学校を卒業したら教科書を捨ててしまっているかもしれません。

 

そういう人におススメする本は

 

99パターンでわかる中学英語文型の総整理

 

です。

中学英語を総覧できます。

 

コツはさらっと読みながすことです。

 

しっかり覚えなきゃ!

 

と思っていると嫌になってしまいます。

 

  • さらっと読む
  • 目次確認してこれなんだっけ?というところをまた読み返す
  • これなんだっけ?というところがなくなるまで繰り返す

 

というふうに教科書をおもちゃのようにして使うのがよいです。

それだけで日常英会話に必要な英語の基礎は身につきます。

 

でも、英会話ができるようになるには、もう1つ必要なことがあります。

 

 

スポンサードサーチ

英会話力をあげるには会話の練習が必要です

 

中学英語をなんとなく頭にいれたら、ぜひ次はそれを使ってみましょう。

 

  • 聞いてわかる、話して分かってもらう

 

それが英会話力をあげる近道です。

 

 

スポンサードサーチ

英語の読み書きだけでは英会話力ができない理由

 

 

脳神経外科の植松研一先生の研究論文によると、日英バイリンガルの人の脳には、

 

  • 日本語のための領域
  • 英語のための領域

 

の2つができているということでした。

英会話ができない人には日本語の領域のみしか存在していません。

 

またこの領域ができるのは、

 

  • ウェルニッケルという言葉を聞いて理解する場所

 

ということでした。

 

参考:【英語を話せるようになるには音声学習が必要です】

 

つまり、英語を聞いて理解できるようになることが英会話のスイッチとなるわけです。

 

しかし文法や単語の知識がなければ聞いてもわからないので、もちろん中学英語の復習は無駄ではありません。

さしづめ英会話のスイッチそのものが文法の復習といったところでしょうか。

 

 

スポンサードサーチ

英語の領域を脳に作るにはオンラインレッスンがおすすめです

 

というわけで、英会話のためには音声的な刺激が必要なわけです。

 

かといって、英語のみで映画を見たりテレビシリーズを見ることはこの段階ではおすすめできません。

わからないことが多過ぎて、ただ時間がすぎていくだけだからです。

僕もやったことがありますが、苦行でした。

 

そして語学交流アプリなどで適当な英語のネイティブを探すこともおすすめしません。

日本語教授法の知識がない人に日本語に関する説明を求めても、答えることが難しいのと同じ理由です。

ネイティブだからその言葉に関して知識を持っているとはかぎらないからです。

 

そこでおすすめなのがオンラインレッスンです。

 

 

スポンサードサーチ

オンライン英会話レッスンがおすすめな理由

 

オンラインで英会話を学ぶことがおすすめな理由は3つあります。

 

  • マンツーマン
  • 英語教師なので英語に関する説明に答えることができる
  • 価格が安い

 

からです。

 

マンツーマンだとクラス制と違い、僕たち学習者は話さざるを得ません。

授業中に一言ふたこと発言しただけで終わってしまったということはありません。

 

また当たり前ですが、講師陣は英語の教師なので英語の説明ができます。

 

そしてオンラインレッスンというのは土地代などが発生しないので、駅前留学やそれこそ実際の留学に比べると断然に安くてしかも学びたい時間も比較的自由に選べるのでコスパがよいです。

 

たとえばEigoru(エイゴル)だと講師はフィリピン人の先生で担任制。

一番安い場合月780円で週1の授業を受けられます。

相性のあう先生が見つかるまで無料お試しができるので、いい先生に巡り合えば英会話力は爆速であがります。

 

DMM英会話だと世界中の英語ネイティブの先生から24時間いつでも時間指定できて、毎日学んで月額6480円から授業を受けることができます。

無料体験レッスンもあります。

 

もちろん2つとも入会料などはありません。

 

参照:【英会話、英語を学べるオンラインレッスンの比較】

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

  • 中学英語をさらっと復習する→英会話オンラインレッスンで復習したことを試してみて英語の領域を脳に作る

 

これだけで英会話力があがります。

 

ちなみに中学英語をさらっと復習しただけなので、オンラインレッスンの初期はかなり怪しい英語になるかと思います。

 

が、それでよいのです。

 

相手は先生です。

補完補強してくれます。

 

ふわりと頭に入っていた中学文法。

それをネイティブの先生との会話で音声的にもきちんと根付かせるようなトライ&エラーが一番効率的な英会話学習方法方法です。