【(初心者向け)簡単なフランス語文法入門・基本の『き』・59 (対象行為文・aimerと人称代名詞の目的語)】

なるべく難しい文法用語を使わないで、元日本語教師が日本語と比較しながらフランス語を解説していきます!

 

 

おさらい

 

 

前回の記事ではavoirを使った繋辞表現について書きました。

具体的には、年齢と痛みを言えるということでした。

 

年齢

avoir +数字 an(s).

  • J’ai 20 ans.(私は二十歳です)

 

痛みは

avoir mal à 定冠詞+痛い箇所.

  • J’ai mal au ventre. (お腹が痛いです)

 

ハタチのような特別な年齢表現はありません。

痛みに関しては、日本語では「彼は歯が痛いです」のように、他人の痛みを直接「です」と言い切ることは例外を除いてできなく、「彼は歯が痛そうです」といいますが、フランス語では言い切りができます

 

  • Il a mal aux dents. (彼は歯が痛そうです)

 

ということでした。

 

 

スポンサードサーチ

え、好きなの?

 

 

みなさんが好きなものなんでしょうか?

僕は現代アートや漫画や音楽や一人旅や猫まんまが好きです

フランス人は漫画が好きなことで知られています。

日本のmangaだけでなく、BD(バンドデシネ)と呼ばれる漫画も人気があるし、音楽や映画に続き9番目の芸術とも呼ばれています。

物だけじゃありませんね。

ジュテームなんて台詞は日本語でもよく知られていますが、人にも使えます。

みなさんは告白したことがありますでしょうか?

僕はあります。

まあ、思い出したくもないような不合格率なわけですが。

 

○○さんのことが好きなんです

 

なんてね。

いやー黒歴史だ。

 

と、このように日本語では一般的には「~は~が好きです」「~は~のことが好きです」という繋辞(です)を使った構文で好き嫌いを表せます。

助詞「は」で主語を話題化にして、私については、Xは好ましいものである、と間接的になっています。

さらに「~のこと」というようにいう場合は、より観念的になっています。

つまり、

 

  • ニコールのことが好きだ。(ニコールが観念的で距離がある)
  • ニコールが好きだ。(ことを使うときよりもニコールが近い)

 

 

スポンサードサーチ

フランス語では?

 

これまで対象行為文として、

 

  1. 食べる      manger
  2. 飲む boire
  3. する faire
  4. 書く écrire
  5. 買う acheter
  6. 取る prendre
  7. 持つ avoir

 

を使って書いてきました。

ここで今回のテーマである好き嫌いを表す言葉を追加してみましょう。

 

  • aimer (好きである)

 

です。

ジュテーム(あなたが好きです!)の中にあるフランス語の言葉がaimerです。

aimerは動詞です。

なので、

 

aimer + 好きな物.

 

という構文になります。

そして1つ大きな区別があります。

それは、

 

  • 一般的な好き
  • ガチ好き

 

一般的な好きに関しては、

 

aimer bien + 好きなもの

 

というふうに、bienを付けます。

 

  • J’aime bien les chats. (猫が好きです)
  • J’aime bien Nadia. (ナディアはいいよね(気に入っている、という意味で))

 

それとは別に『愛』という言葉を使いたくなるようなガチ好きな場合は、bienを使いません

 

  • J’aime les chats.(猫が大大大好き。むしろ猫は神)
  • J’aime Nadia. (ナディアが好き。ナディアは女神)

 

のような感じです。

ちょっと日本語に似ていますね。

「~のこと」がなくなるとより直接的な愛情になるように、bienがなくなっています。

 

 

スポンサードサーチ

ジュテームのテ?

 

 

対象物(人)を代名詞でいうと、代名詞が目的語になります。

いわゆる、わたしを、あなたを、彼を……になります。

 

代名詞(目的語)

単数

1:me (m’)

2:te (t’)

3:男le,女la (l’)

 

複数

1:nous

2:vous

3:les

 

最後が母音終わるものは、次の単語が母音で始めるときは(m’)のような形になります。

人称代名詞の目的語は、動詞の前に置かれます。

 

  • 主語+動詞+普通の目的語
  • 主語+人称代名詞(目的語)+動詞

 

よって、

 

  • Je t’aime.(君が好きです)

 

これがジュテームの正体です。

 

物や動物は、名詞の性によって三人称の目的語が使われます。

 

  • Je le mange. (わたしはそれを食べます)

 

おもしろいことに、人称代名詞の目的語を使う場合は、日本語と同じ語順になっています。

ここは英語のI love youとは違うので気を付けてください。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

~は~が好きです、という繋辞を使う日本語は、フランス語ではaimerという対象行為文になる。

人称代名詞の目的語は、動詞の前に置かれる。

 

問題

次の日本語をフランス語で考えてみましょう。

1:彼は犬が好きです。

2:彼女たちはフランスが好きです。

3:彼女は彼が好き(気に入っている)

4:彼女は彼が好き(恋している)

5:(あなたの好きなものは?)

 

解答例

1 :Il aime bien les chiens.

2 :Elles aiment bien la France.

3 :Elle l’aime bien.

4 :Elle l’aime.

5 : J’aime bien les chats.

 

いかがだったでしょうか?

好きな物をきっかけに誰かと仲良くなることもあるかと思います。

ぜひ覚えておきたい表現です!