【英語を話せるようになるには音声学習が必要です】

英語を勉強しているのになかなか話せるようにならなくて困っていませんか?

もしかして勉強法に問題があるかもしれません。

 

 

話せるようになるにはまずは脳に英語域を作る必要があるという実験結果があります

 

 

植村研一先生という脳神経外科医の先生がいます。

先生の書かれた研究論文(こちらから読めます)によると、

 

  • 英語を話せるようになるには英語に関する音声的な領域を脳に作ることが必要

 

ということが書かれています。

 

 

スポンサードサーチ

日本語も英語も音から学ぶと話せるようになります

 

 

脳は機能によって使われる場所が違います。

言語を司るのは左脳です。

左脳の中でも、文字に関する場所、話す時に使われる場所、そして聞いて理解するための場所……と違います。

 

そして子供を思い浮かべて欲しいのですが、いきなり話す子どもはいません。

周りの大人が話しかけることによって、ある日話すようになります。

文字の読み書きはもっと後のことです。

 

つまり

 

  • 左脳の聞いて理解する場所が話し出すためのスイッチ

 

になっています。

この場所のことを、

 

  • ウェルニッケ感覚性言語野

 

と呼びます。

場所は耳の近くです。

 

 

スポンサードサーチ

ウェルニッケの日本語と英語の場所は違います

 

 

植村先生はバイリンガルとそうでない人(読み書きはできるが英会話はできない)に実験をしました。

実験内容は、

 

  • 被験者に日本語と英語のニュースを聞かせる
  • そのときの脳の状態を調べる

 

というものです。

その結果、

 

  • 英語の読み書きしかできない被験者:日本語を聞いても英語を聞いてもウェルニッケルの同じ部分しか活発化しない
  • バイリンガル:日本語と英語でウェルニッケルで活発化する部分が違う

 

ということがわかりました。

要は、

 

  • 英語の読み書きしかできない場合は、英語を聞いても日本語で理解しようとしている→英語が聞き取れない
  • 聞き取れないから話せない(音が作れない)

 

ということです。

 

 

スポンサードサーチ

ウェルニッケルに英語の領域を作るにはネイティブとのコミュニケーションが必要です

 

 

ネイティブやバイリンガルでない英語の先生との英会話練習や音声教材はまず時間の無駄となるわけです。

 

そして脳は行動に慣れるように神経回路を繋げていくので、会話練習時は自然なスピードが必要になります。

ゆっくりはっきりの英会話ばかりだと、自然のスピードでの英会話についていける神経回路の繋がりができません。

 

かといって、そこらへんにいるネイティブと英会話の練習するのもよくありません。

 

日本語会話がまったくできない外国の人に会話の練習を頼まれたら困ってしまいますよね?

何を教えればいいの?

どういう順番で教えればいいの?

 

なので、英会話の練習はプロにかぎります。

でも……英会話教室は高くてなかなか手が出せないし時間も合わない。

留学も高すぎる……。

 

そういう人におススメなのがオンライン英会話レッスンです。

 

たとえばEigoru(エイゴル)なら、月780円から英会話レッスンができます。

 

もちろんマンツーマンなので、英会話クラスで一言二言の発言で授業が終わってしまった……ということもありません。

 

しかも専任制(いわゆる担任)なので、先生が自分の苦手なポイントをわかって指導してくれます。

 

さらに相性の合う先生が見つかるまでは無料で担任変更できます。

 

英会話ができなかったり伸び悩んでいる人は、ぜひネイティブやバイリンガルの先生と練習することでウェルニッケルに英語領域を獲得しちゃいましょう!

 

参考:【英会話、英語を学べるオンラインレッスンの比較】