【英語を書けるのに話せない時は話す練習が必要になります】

英語を書けるのに話せない経験をしたことがありませんか?

 

僕はあります。

実は以前海外の人と文通をしていました。

英語の練習になると思って。

当然回を重ねれば重ねるほど書いた量が増えていくので、だんだん英語を書くことが楽になっていきました。

でも、外に出て英語を話そうとするとダメでした。

通じませんでした。

 

英語も書けて話せるようになりたいと思いませんか?

 

 

英語は書けるけど話せないときは音声の練習が必須です

 

 

英語を書くことができるのに話せないときは、

 

  • 英語を音声で伝える練習が別個に必要

 

になります。

 

でも、英語を書ける時点で英語の読み方をある程度知っているわけだし、どうしてあらためて発音?の勉強をしなきゃいけないの?

 

 

スポンサードサーチ

英語を話すために音声で伝える練習が必要な理由

 

 

英語を書けるのに話せない時に音声の練習が必要な理由は、

 

  • 英語を書く時と話す時に必要なものに違いがあるから

 

です。

 

同じものもあります。

それは単語力と文法力

 

  • 単語力:意味と一致した英語の言葉のストックの量
  • 文法力:単語をどう並べたら、どう変化させたら何が何したという意味を適切に伝えられるかというルールの知識

 

そして違うもの媒介です。

 

  • 書く時は文字
  • 話す時は音声

 

が媒介になります。

 

というわけで、同じ単語を同じ文法のルールで並べても、伝える手段が違うので英語を話せるようになるには別個のアプローチが必要になるわけです。

 

では、英語を話せるようになるためには何をすればよいのでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

英語を話すのに必要な勉強方法

 

 

話すためには音声を使って相手に伝える練習が必要。

音声で伝えるためには、2つのことが必要になります。

 

  • 聞いて理解する
  • 話して理解される

 

ということです。

僕たちはネイティブじゃないので、まず英語を聞いて理解できること(インプット)が大切になります。

それからインプットを使って相手に伝わるように話すこと(アウトプット)が必要になります。

 

そして両方の基礎として調音とプロソディが必要になります。

調音とプロソディを合わせたものが発音です。

 

調音とプロソディを学び、相手に音声的に伝わるように話す練習を重ねる。

そうすることで英語を書ける人は話せるようになっていきます。

 

参考:

【聞こえたままに発音しても英語の発音ができない理由とは】

【英語の発音力をつけたいのなら真似と物真似が必要です】

【調音について知っておくと英語の発音の勉強が楽になります】

【英語が通じないときに一番してはいけないこと】

【リーディングやライティングができても英会話は初心者レベルから始めましょう】

【英語・フランス語etc、外国語を勉強するときはプロソディも重要です】

 

 

スポンサードサーチ

英語を話す練習をして書けるだけでなく話せるようにもなりましょう

 

 

英語を書けても話せないのは話す練習が足りていないだけです。

 

英語を書ける人にはすでに自分の意見を英語で伝えることができているという強みを持っています。

 

だから英語を話す練習をしてぜひ話せるようになりましょう。

 

 

合わせて読みたい:

【料金順・英会話オンラインレッスン(オンライン英会話)16社ランキング】