【フランス国内旅行も英語があると便利です】

フランス留学をして、慣れてくるのしてみたいのが小旅行です。

フランス語ができれば旅先で対応に困ることはありません。

 

しかしちょっと待ってほしいのです。

学生ならお金は節約したいところ。

使うなら旅先のローカルフードや博物館やお土産に使いたい。

というわけでドミトリーやホステルに泊まることもあるかと思います。

 

そういうときにできると便利なのが英語です。

 

 

旅をする人は英語でコミュニケーションを取ることが多いです

 

 

僕はお金がないので旅するときはよくドミトリーに泊まります。

1人で大きな部屋とかにいるとなんか怖いという理由もあります。

夜ベッドで寝ているときに、浴室からなんかにゅうっとでてきたらどうしようと思ったり……。

 

と、僕の怖がりはどうでもいいのですが、ドミトリーに泊まるとかなりの確率で旅行者と遭遇します。

いわゆるバックパッカーとかですね。

 

そして多くのバックパッカーは英語でコミュニケーションを取っています。

英語圏の人は当たり前なのですが、非英語圏であるドイツ人(よくいる)、北欧ヨーロッパ、アフリカ、中東、ラテンの国々、そして僕たちアジアから旅をしに来ている人たちも英語でお互いにコミュニケーションをとっています。

 

結果として、英語が話せないと部屋が一緒になった人たちの中でぽつーんとすることもしばしば。

 

逆に話せると一緒に観光したり、ご飯を食べたりという仲になったり。

 

 

スポンサードサーチ

フランス人とも英語で話しましょう

 

 

こういう安宿には外国人(フランス人から見た)だけでなく、フランス人も泊まります。

学生さんも多いですが、国内を旅しているフランス人のバックパッカーもいます。

事情はそれぞれです。

 

フランス語ができると、そういうフランス人とついフランス語で話したくなってしまうのですが、フランス語がわからない人が会話の輪にいるときは英語で話すのがマナーです。

なぜなら、ほとんどの国で英語が学ばれており、英語なら一応みんなすこしくらいわかるのでは、という前提があるからです。

 

まったくわからない言葉で周りが話していると、ときどき不安になりませんか?

自分が分からないところでいつのまにかあれこれ決まっていたり。

ときどき自分の名前がでてエって思ったり不安になったり。

そういうのをなくすための旅人のマナーです。

 

しかしいかんせん、

 

ぼくたちは英語ができない!

 

 

スポンサードサーチ

英語は話せばできるようになります

 

 

日本人の英語のできなさはよく知られています。

中高大と莫大に英語の勉強に費やしながら、英語を話せるようになる人は極小にすぎません。

それこそクラスに1人か2人はいた天才肌だけ。

 

つまるところ、日本人の英語下手は会話の練習にしていないところにあります。

会話やリスニング力を培っていなければ、話すことはできません。

 

脳の左半球、耳の近くには音の情報を司る部分があるのですが、実はそこに英語用(フランス語ならフランス語用)の部分が確立されないと英語を話したり聞きわけたりすることはできません

 

そしてその部分を確立させるためには、何より音に触れ理解することが必要です。

内容のわかる英会話の練習をすることなどがそれにあたります。

 

そこでおススメしたいのが、オンライン英会話レッスンです。

マンツーマンで、こちらのレベルに合わせて英会話を練習することができます。

 

お金がないからドミトリーに泊まってるのに、英会話レッスンかよ!

 

というつっこみが出てくるかと思いますが、例えばエイゴルというオンラインレッスンなら1000円以下で月に4回もレッスンを受けられます。

たいていのドミトリーの一泊代より安いです。

 

しかも先生が担任制なので、細かい指導もばっちり。

過去の授業の中から浮き上がってくる自分の問題点もしっかりフォローしてくれます。

 

それで英会話を練習しコミュニケーションを取れるようになれば、ドミトリーやホステルで泊まったときに出会った色々な国の人と仲良くなれます。

 

旅行中の宿泊先で英語が話せなくて孤独な思いをしたこがある人はぜひ試してみるといいかと思います。

 

参照:

【フランスで英語を学ぶならオンライン英会話レッスンがおすすめなわけとは?】

【英会話、英語を学べるオンラインレッスンの比較】