【(重要)留学前の準備-住所変更をしておきましょう】

フランスの大学に留学中の管理人です。

社会人で1人暮らしをしていて留学するまえに、住所変更をしておきましょう。

 

この記事を読むと、

 

現在1人暮らしをしている人が留学前に住所変更しておくべきもの

 

についてわかるようになります。

 

 

いろいろ住所変更する必要があります

 

基本は実家の住所へと変更することになるかと思います。

 

特に住所変更を忘れてはいけないものは以下の3つです。

 

  1. 金融機関関係(ゆうちょ、銀行、クレジットカード会社、証券会社など)
  2. 郵便
  3. パスポート

 

 

スポンサードサーチ

特に金融系は要注意

 

金融系の会社のなかには、定期的に郵便物をおくってくるところがあります。

そして郵便物が届かなかったことが続く場合(返送されてしまった場合)、サービスの利用の停止をしてしまうところも。

 

留学中銀行やクレジットカードの利用を停止されるとかなりの問題になります。

きちんと住所変更をしておきましょう。

 

郵貯は郵便局で住所変更。

 

それ以外は

 

お使いの各銀行、クレジットカード会社、証券会社名+住所変更で検索

 

すると公式ホームページから住所変更の方法がでてくるはずです。

 

また留学中にクレジットカードの有効期限が切れてしまう場合もあるため、送られてくる新しいカードのためにも住所変更をしておきましょう。

 

 

スポンサードサーチ

留学後の郵便物の受け取り

 

郵便物に関しては、念のために郵便局の転居転送サービスを利用しておきましょう。

 

届け出日から1年間、指定先の住所に郵便物が届く

 

ようになります。

 

 

スポンサードサーチ

パスポートの住所変更も忘れずに

 

パスポートは一番後ろの住所記載ページの住所を変更しておきましょう。

もしものときの連絡先になります。

方法は、

 

  1. 旧住所を二重線で消す
  2. 新しい住所を書く

 

だけです。

とくに届け出などは要りません

 

 

合わせて読みたい: