【留学したら人生が変わるのはあたりまえです】

フランスのニース大学に留学中の管理人です。

 

留学をしたい理由の1つに、人生を変えたい、というものがあるのではないでしょうか。

 

結論からいうと、留学したら人生は変わります。

 

 

留学するといろいろ変わります

 

留学すると

 

  • 言葉
  • 文化
  • 人間関係
  • ライフスタイル

 

が変わります。

 

僕はアラサーも越えた30代半ばで留学しました。

グーグルで検索したら

 

  • 25歳で留学は遅い

 

という結果がでてきましたが、そんな若人の年齢をはるかに凌駕しての留学です。

 

そんな周りからは初老だなんだと言われる僕でも留学して人生は変わりました。

 

 

スポンサードサーチ

留学すると人生が変わる理由

 

物理的な変化と適応で変わるからです。

 

  • 日本から離れてできなくなること、できるようになること
  • 外国だから受け入れなければいけないこと
  • 社会的なリセットによる解放感

 

この3つの要素がかさなりあって人生が変わります。

 

 

スポンサードサーチ

具体的にこういうものが大きく変わります

 

言語

僕はフランスの大学に留学中です。

あたりまえですが、言語はフランス語。

フランス語で授業を受けます。

生活の言語もフランス語。

町中はフランス語でやりとりできなければ携帯電話も申し込めません。

言葉が通じなくて困るという経験は日本ではできません。

 

 

文化

言わなくてもやり取りが回ることもある日本。

いわゆる以心伝心。

フランスはそうは行きません。

 

何がしたいのか、何を伝えたいのかを言葉にしないと相手は理解しません。

きちんと説明しないと、言っていることに首尾一貫性がない人に思われてしまうこともあります。

 

伝えるときは、すべて言葉にだして伝えましょう。

言わなくても相手はわかってくれるだろう、という日本の文化はいったんおいておきましょう。

 

ちなみに相手が言わない、伝えない、説明しない、ということもあります。

とくにアジア系やロシア系はすこし日本人に似た文化があるのか、すべてを言わないことがあります(面子の問題?)。

 

そういう場合、以心伝心スキルを発揮して話を聞いてあげると、びっくりされたりします。

 

 

人間関係

人間関係はかなり変わります。

日本にいる知人友人親族との連絡はメールや電話だけになります。

 

そして留学先で新しい人間関係が築かれます。

人間、無人島にひきこもったり山で修行したりしていないかぎり、なんだかんだで人間関係ができていきます。

 

大家さん、知人、友人、同僚……中には恋人や妻や夫になるような人間関係もできます。

 

 

ライフスタイル

ライフスタイルも変わります。

適応です。

 

たとえばフランスは事務の手続きがあまりよろしくありません。

書類をなくしたり、待ち時間がとんでもないことになっていたり、必要書類がひっきりなしに変わります。

 

僕は銀行の口座開設の申し込みから実際に使えるようになるまでに1か月かかりました。

 

ほかにも直前までものごとの予定が決まらなかったり、ぐだぐだして議論がまとまらなかったり、論理的に順番に説明しなかったりということもあります。

 

教授が配ったプリントの真ん中あたりの内容から話し始めて、そのあとに初めの内容に行ってクラス中大混乱というのもありました。

 

それで結局、

 

  • フランスでは待つ

 

ということに慣れました。

はじめのころはかなりイライラしていたのですが、こういうものだという仏のような禅モードの心になりました。

 

社会的なリセットで解放感

これは留学当初のみに味わえる感じ方です。

なぜならよほどの特殊な状況でないかぎり、まわりに自分を知っている人が皆無になるからです。

 

もちろん日々が過ぎるにつれて人間関係ができていくので、解放感は減っていきます。

それでも日本で窮屈な気持ちでいる場合には、かなりストレス解消になります。

 

 

スポンサードサーチ

人生が変わるっていうのは、そういうことじゃなくて好転するという意味じゃないの?

実はそうです。

多くの人が、

 

  • 留学で人生が変わる

 

と考えるとき、その裏にあるのは、

 

  • 人生を好転させたい(現在の人生に満足していない)

 

というものがあるかと思います。

またフランスの留学ではありませんが、そのような思いで留学する日本人にたいする警告書のようなものもあります(『留学で夢もお金も失う日本人』『留学で人生を棒に振る日本人』)。

 

しかし最終的に好転するかどうかは誰にもわかりません。

どれだけ頑張っても好転しないときはしません。

そもそも人生の好転の定義が人それぞれだったりします。

 

  • 留学後、留学経験をいかしてビジネスが成功
  • 現地の人と結婚した
  • フランス語や英語を話せるようになった

 

……など様々です。

 

人生が好転(変わる)かどうかは誰にもわかりません。

 

しかし

 

  • 言葉
  • 文化
  • 人間関係
  • ライフスタイル
  • 社会的なリセット

 

という面では人生は確実に変わります。

 

絶体に人生がよくなる方法などはありません。

そんなことを気にせずに、留学がしたいなと思ったらすればよいと思います

 

 

合わせて読みたい: