【留学することに意味はあります】

フランスのニース大学へ留学している管理人です。

 

留学することに意味はあるのか

 

と自問自答したり、周りから言われたり、いろいろなソーシャルメディアで見たりしませんか?

 

メリットは?

デメリットは?

 

なんて考えてしまったりしませんか?

 

 

留学はすること自体に意味があります

 

 

もし留学したいという気持ちがあるなら、行くべきです。

 

留学は資金や期間など、人生においてはかなり大きなイベントです。

そのため、

 

  • 意味
  • デメリット

 

を考えてしまいがちなのですが、あまり深く考える必要はありません。

 

  • 行きたい、準備が出来た、出発進行です。

 

シンプルな3ステップです。

 

 

スポンサードサーチ

意味やデメリットをあまり考えなくてよい理由

 

留学の意味=留学のデメリット

 

まず『留学する意味を考える=デメリットを考える』になっていないでしょうか?(メリットだけ考えていたら、行くしかなくなりますから)

 

これは、『人はなぜ生きる?』と同じような考え方です。

一見、シンプルな質問のようなのですが、実はその裏で『生きる意味などない』というメッセージを送っています。

 

人生に不満や不安があるから『どうして生きる?人生ってなに?』という質問をしてしまうのです。

 

野菜がきらいな子どもが『どうして野菜を食べなきゃいけないの?』と聞いてくるようなものです。

 

なので、『留学する意味を考える』=『留学のデメリットを考える』に一本化できます。

 

 

留学のデメリットを考える意味がない理由

 

留学のデメリットは大別すると、

 

  • 留学先での悩み
  • 留学終了後の悩み

 

の2つです。

 

留学してからの悩みは、

 

  • 現地でうまくやっていけるか
  • 語学はどうだろうか
  • 勉強についていけるだろうか
  • 観光だけになってしまうのではないか

 

になるかと思います。

 

留学後の悩みは、

 

  • 就職活動にどう響くのか

 

になるかと思います。

 

しかし、すべて杞憂です。

実際に留学してみないと、どうなるか誰にもわかりません。

 

その不安にまけて留学しなかった場合は、確かにその不安はなくなります。

 

しかし同時に、留学をしたかったという気持ちは永遠に残ります

 

それこそ死ぬ直前まで残ります。

 

たくさんの人の死に接した緩和介護士ブロニー・ウェアさんの『死ぬ瞬間の5つの後悔』によれば、人が死ぬ前に後悔することの1つが、

 

  • したかったことをしなかったこと

 

です。

 

あの時留学したかったのに、しなかった……と後悔するわけです。

 

なので、

 

  • 留学したいと思った→準備した→留学する

 

の3ステップがベターです。

 

 

スポンサードサーチ

でも留学しても後悔してしまいます

 

正直、人間は何を選択しても後悔します。

選択は選ばなかった選択肢の可能性を捨てることです。

その可能性に思いをはせて後悔してしまうのです。

 

  • 後悔の強さが違う

 

というだけで、選択して後悔0というのはありえません。

 

その後悔度がいちばん高いのは、

 

  • したいことをしなかった

 

ときだという研究結果もあります(『なぜ選ぶたびに後悔するのか)。

 

なので、

 

  • 現状維持
  • 留学

 

で迷って現状維持を選んだときのほうが、後々の後悔は強くなります。

 

さらに、『死ぬ瞬間の5つの後悔』によれば、

 

  • したかったことをしなかった

 

の後悔は死の直前までつきまとうのですからなおさらです。

 

ちなみに僕も留学してすこし後悔したりするときもありました。

 

  • 留学せずにあのまま仕事を続けていたら……
  • 友だちが結婚やら昇進の話をしていて微妙な負い目……

 

などです。

しかし、

 

  • そのまま日本で仕事を続けていてもどうなっていたかはわかりません
  • 友だちの目出たいことはそのまま素直に喜べばよく、自分と比較する必要はありません

 

と思いなおすこともできます。

そんなことよりも、

 

  • 留学したかったという自分の気持ちに従った

 

ということで、すくなくとも死ぬ前に

 

  • したかったことをしなかった

 

という後悔はしなさそうです。

ちなみに留学して今しているいちばん大きな後悔は、

 

  • もっと早くに留学しなかった

 

ことだったりします。

 

 

スポンサードサーチ

でも考え無しで無鉄砲で留学するのはダメでしょ

 

 

たしかにそうかもしれません。

何も考えずに留学するのは僕も賛成しません。

しかし深く考えるのはおススメできません。

 

深く考えると行動できなくなります。

メリット・デメリットの比較、留学の意味……。

考えてもかんがえても、完璧な答えはでません。

 

考えるのは方法(資金・期間・宿泊先・学校など)と目的だけでよいのです。

 

  • フランス語を学びたい
  • 英語を学びたい
  • 海外の大学で勉強したい(僕の場合)
  • フランス語で言語学を学びたい(僕の場合

 

などという目的でもよいのです。

 

留学して失敗しても、その失敗は経験値になります。

留学しなければその経験値をゲットすることさえもできません。

 

留学してもしなくても後悔はします。

留学しないほうが後悔の度合いが強いです(『なぜ選ぶたびに後悔するのか』)。

そして留学しない場合は、『したいことをしなかった』という最高度の後悔を死ぬ直前まで持つことになります(『死ぬ瞬間の5つの後悔』)。

そしてあたりまえですが、人間は何をしても最後は死にます。

 

なので

 

留学したい→準備出来た→留学GO

 

の3ステップで留学してしまいましょう。