【リーディングやライティングができても英会話は初心者レベルから始めましょう】

英語の読み書きはある程度できるからと、少し難しい英会話の練習から試みて挫折したことはありませんか?

 

 

英会話を練習したことがなければ英会話レベルは0です

 

 

どんなに英語の読み書きができても、英会話の練習をきちんとしたことがない場合、英会話レベルは0です。

 

TOEICやTOEFLで満点取ろうが同じことです。

英字新聞や洋書が読めても同じです。

 

そのため、

 

  • 英語の読み書きができても驕らず、英会話の練習もゼロから始める

 

ようにしましょう。

 

しかしそもそもどうして英語の読み書きができても英会話がまったくできないということがあり得るのでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

英語の読み書きができても練習しなければ英会話ができない理由

 

 

英会話ができないのに英語の読み書きはできる理由は、

 

  • 英会話に必要なものが英語の読み書きに必要な物と違っている

 

からです。

 

そのためたとえ英語の読み書きができても、英会話に必要なものが足りていないければ英会話はできません。

 

もうすこし詳しく書きます。

そもそも英語でも日本語でも、

 

  • 言語とは自分以外の人に自分の頭の中にある考えやイメージを伝えるためのもの

 

です。

そんな言語に必要なものは2つあります。

 

  • 意味
  • 意味を伝える媒体

 

です。

 

このうち、読み書きと会話(聞く話す)に共通しているのが『意味』です。

そして共通していないのが『意味を伝える媒体』です。

 

意味を伝える媒体は2つに分かれます。

 

  • 読み書きに使う:文字
  • 会話(聞く話す)に使う:音

 

です。

 

英語の読み書きができる人は『文字を媒介にして意味を伝えることができる能力』を持っている人です。

しかし同じ人も練習しなければ『音を媒介にして意味を伝える能力』を持つことはできません。

 

油絵が上手な人が漫画絵も上手かと言われれば違うような感じです。

油絵が上手でも、練習しなければ漫画絵を描けるようにはなりません。

 

しかしここで疑問が湧いたりしませんでしょうか?

かつての僕も持っていましたが、

 

  • 英語が読めるんだから、それをそのまま口から出せば英会話もできるんじゃないの?

 

というような疑問です。

 

できません。

 

実際僕は長い間英語で文通などもしてよく相手から英語上手だねと褒められたこともあるのですが、いざ実際に会って話してみたりすると相手に自分の英語が通じないという挫折経験を何度もしたことがあります。

 

文通のような会話調の英語の読み書きができても、

 

  • 英語の音を媒介にして意味を伝える(話す)・解釈する(聞く)練習をしていなければ英会話はできない

 

ということです。

なぜなら、

 

  • 文字:音を元にして作られ変わりにく
  • 音:状況によって変わりやすい

 

からです。

東京の人が『おはようございます。』と言うときの最後の『す』と大阪の人が『おはようございます~』と伸ばすように言う『す』は、実際は違う音(子音だけの『す』と母音もついてる『す』)なのに同じ文字で書かれているようなものです。

英語も同じです。

 

そのため重要なことは、

 

  • 英語の読み書きがどんなにできても、英会話の練習をしたことがないのなら初心者レベルからする

 

ということです。

 

なぜなら英語の音を媒介にした伝達・解釈方法を知っていなければ英会話のレベルは0だからです。

 

ではどうやって『英語の音を媒介にして意味の伝達と解釈』を練習すればよいのでしょうか。

 

 

スポンサードサーチ

英語の読み書きはできるが英会話ができない人の勉強方法

 

 

英語の読み書きができるけど英会話ができない人が英会話力をつけるには、

 

  1. 英語の読み書きできるという意識を捨てる
  2. 英語の音(プロソディ)の練習+英語の音(調音)の勉強と練習
  3. 英会話で使う基本的な単語や表現を見につける+実際の英会話練習
  4. 自分が知っている単語の発音を総復習+実際の英会話練習

 

というステップが必要になります。

 

参考:

【実際に話される英語が書かれている英語と違う理由を知って英会話力向上に備えましょう】

【外国語の発音が上手になるために必要な5つの方法】

【英語やフランス語…etc、外国語を勉強する前に知っておきたい『発音』の違いの重要性】

【英会話を上達させたいのなら、文法のまえに日常会話フレーズを覚えましょう】

 

 

僕のときだと1番辛かったのは4番でした。

それまで『読めるから話せると勘違いしていた』英単語の発音を総復習しなければならなかったからです。

これが結構めんどくさかったです。

幸いに意味や用法を知っていたので音だけの確認で済みましたが……。

 

正直、先に会話(音を媒介した伝達)の練習からしておけばよかったと思いましたが、それは後の祭り。

 

他の難点は英会話練習相手を見つけることかと思います。

僕の場合は幸いにも当時ルームシェアをしていたイギリス人英語教師(助手)がいたので助かりました。

 

そうでない場合は、言語学習者交流アプリ(HelloTalk)とかオンライン英会話レッスン(DMM英会話とか)でよいと思います。

 

参考:

【(実際にレッスンを体験してみた)人見知りで会話下手だけどDMM英会話ってどうなの?】

 

何を利用するにせよ、『英語の音だけで意味のやり取りができるか』、に重点を置きましょう。

 

 

スポンサードサーチ

英語の読み書きができても驕らずに英会話の練習を1から始めましょう

 

 

英語の読み書きができるのに英会話ができない経験をするとかなりの無力に打ちひしがれることもあります。

妙なプライドがあるせいです。

僕はそうでした(笑)

 

しかしゴールは英会話ができるようになることです。

音と文字の意味のやり取りの方法は違うということを知り、音での意味のやり取りは初心者だと自覚し、むしろ新しいことを学ぶんだと楽しんで英会話の勉強をしていきましょう。

 

僕たちには読み書きができる時点で文法や単語(音を抜く)の知識があるというアドバンテージがあります。

そのため、英語の音での意味のやり取りを身につければ鬼に金棒になれると思いながら頑張りましょう。