【英語力を身につけたいなら、バランスよく勉強しないほうがよいです】

英語の4つの技能(聞く、話す、読む、書く)はバランスよく伸ばしたほうがよいと聞いているけど本当ですか?

 

 

英語力を身につけたいのならバランスよく勉強『しない』ようにしましょう

 

 

英語力といえば、

 

  • 聞く=リスニング
  • 話す=スピーキング
  • 読む=リーディング
  • 書く=ライティング

 

と4つの技能があります。

そしてこの4つの技能をバランスよく伸ばすのが望ましいとされています。

 

実際、学生時代の英語の授業を思い出してもらえればわかるように、初回の授業から英語の書かれた教科書を使い、教科書を見ながら(リーディング)英語の音を聞いたり(リスニング)、リピートアフタミー的なこと(スピーキング)をして最後は練習問題を解く(ライティング)ようなことが多いです。

 

しかし、

 

  • 英語力を身につけたいのなら、4つの技能をバランスよく学ばないで偏ったほうがよい

 

です。

なぜでしょうか?

 

 

スポンサードサーチ

英語力を身につけたいのなら偏って勉強したほうがよい理由

 

 

英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)を身につけたいなら偏って技能を勉強したほうがよい理由は、

 

  • 英語の4技能は音声情報と文字情報の2つのカテゴリーで分かれている

 

からです。

 

音声情報(音だけを使った表現):

  • 聞く(リスニング)
  • 話す(スピーキング)

 

文字情報(文字を使った表現):

  • 読む(リーディング)
  • 書く(ライティング)

 

そして文字情報から習ってしまうと音声情報を学ぶときに支障がます。

なぜなら

 

  • 音声(発音)が不確実な状況で文字を習ってしまうと文字に頼ってしまいがち

 

だからです。

 

こんなことありませんか?

 

  • 教科書の英語を読んでるときの発音がカタコト
  • 英語で映画などを『英語字幕で読んで』聞き取りの勉強をしています
  • 映画の英語、何を言っているかわからないけど『字幕を見れば』わかります

 

 

リスニングとスピーキングができなくなる典型的な失敗です。

特に3つ目。

 

  • 英語で何を言っているかわからないけれど、書いてあればわかる

 

というのはやっかいです。

なぜなら、

 

  • 読めると聞けるは全く違う技能なのに勘違いしている

 

からです。

文字の情報と音声の情報をミックスして誤解しているのです。

たくさん英文を読めれば、たくさん英単語を覚えれば(文字で)英語が聞き取れるようになる……。

大きな間違いです。

 

僕も長年やらかしていました(´;ω;`)

後に修正して今は英語を話せるようになりましたが、修正がむちゃくちゃ大変でした。

 

そういう経験から導いた具体的な英語の勉強方法は、

 

  • 勉強の順番を守る

 

ということです。

その順番を紹介します。

 

 

スポンサードサーチ

英語力を身につけるためおすすめの勉強の順番

 

 

端的に言うと、

 

おすすめな勉強の順番:

  • △:文字情報(読む・書く)+音声情報(聞く・話す)
  • △:文字情報(読む・書く)→音声情報(聞く・話す)
  • 〇:音声情報(聞く・話す)→文字情報(読む・書く)

 

です(1つ目は『文字情報と音声情報を混ぜて勉強(バランス型)』のことです)。

 

なによりもまず音声情報を扱うことになれましょう。

 

  • 英語が聞ける・話せる状態になってから、文字情報を身につけようとするのは容易

 

です。

しかし、

 

  • 英語が聞ける・話せるを文字情報を使いながら身につけようとする
  • 英語が読める・書ける状態になってから音声情報を身につけようとする

 

のは難しいです。

 

参考:

【英会話:リーディングを捨てよ、英語を話そう】

【英会話:リーディングを無視したほうが英語を聞き取れます】

 

 

しかし英語をバランスよく勉強することにも意味があります。

ただし、段階を守ればです。

 

 

スポンサードサーチ

英語力を伸ばしたいならバランスよく勉強しましょう

 

 

まずは英語の4技能のなかで先に学ぶのが理想的な

 

  • リスニング・スピーキング

 

英語の音声情報の扱い方を身につけましょう。

英語の音声情報の扱い方を身につけた状態というのは、

 

  • 英語がカタコトになっていない状態

 

です。

その後でリーディング・ライティングを学びます。

 

  • リスニング・スピーキング→リーディング・ライティング

 

難しい文法を学んでみたり、単語数を増やしたり、英語の字幕をつけてドラマや映画をみたり、映画を見たり、英会話を続けることによって英語力を伸ばすことができます。

 

まとめると、

 

  • 英語の音声情報(リスニング・スピーキング)の扱い方を学ぶ:英語力を身につけるため
  • 英語の文字情報(リーディング・ライティング)の扱い方を学ぶ:英語力を伸ばすため

 

です。

 

英語力を身につけるまえに英語力を伸ばそうとせず、順番で勉強していきましょう。

 

合わせて読みたい:

【英語のスピーキングが難しいのは勉強する順番を間違えているからです】

【英会話ができるようになりたいのなら、リーディングとライティングは忘れましょう】