【英会話が続かない場合の3つの対処方法】

オンラインの英会話レッスンや旅先で英会話に挑戦したのに、話が続かなくて無言の時間が続いた経験はありませんか?

準備不足かもしれません。

 

この記事を読むと、

 

英会話を長続きさせるためにできるテクニックと準備

 

についてわかるようになります。

 

 

 

 

英会話を続かせるためにできる3つのこと

 

英会話が続かないときは、

 

  1. 相手のキーワードリピート
  2. 相手の情報開示要求
  3. 普段からの話題反応ストックを英語で増やす

 

が有効です。

それぞれをもう少し詳しく書くと、

 

  • キーワードリピート:

相手の話の内容のキーワードを繰り返す

 

  • 情報開示要求:

相手の話の内容のもっとくわしく知りたいことについて聞く

 

  • 普段からの話題反応ストックを英語で増やす:

ニュースや話題になっていることを読み、自分はどう思うか、なぜそう思うかという意見をストックしておき簡単でいいので英語でも言えるようにしておく

 

ということになります。

しかし何故、英語での会話が途切れてしまうことがあるのでしょうか?

 

 

英語での会話が途切れてしまう2つのパターン

 

英会話が続かないパターンは2つあります。

その2つとは、

 

  • そもそも会話が苦手(日本語でも会話が続かないケース)
  • 英会話のときだけ会話が苦手

 

というものです。

それぞれのパターンでの対処法とその理由について書きます。

 

 

英会話が途中で途切れないために心がけたい具体的な方法

 

そもそも会話が苦手(日本語でも会話が続かないケース):

この場合、

 

  • 相手のキーワードリピート
  • 相手の情報開示要求
  • 普段からの話題反応ストックを英語で増やす

 

のすべてが必要になります。

 

  • 相手のキーワードリピート
  • 相手の情報開示要求

 

はどんな言語でも話題を広げるテクニックになります。

 

なぜなら、

 

  • 相手のキーワードリピート→話をしている人は話が聞いている人が自分の話に興味があると感じると更に話を続ける傾向がある

 

  • 相手の情報開示要求自分が聞いててわからなかったこと、さらに追加で知りたいことを尋ねることで会話が続いていく(更に相手は自分の話に興味を持たれていると思い、さらに饒舌になる傾向があります)

 

からです。

 

英会話のときだけ会話が苦手:

この場合、最大の問題は

 

英語力の不足

 

です。

例えば、

 

  • 相手のキーワードリピート
  • 相手の情報開示要求

 

の2つは特に問題なくできるはずです。

なぜなら、日本語での会話が続くのなら自然としていることが多いですし、英語の場合も必要な英単語相手の話の内容に既にでているからです。

 

それができない場合はリスニング力が不足している可能性が高いです(リスニング力を上げたいばあいは【(重要)英会話初心者・英語初心者は何から勉強し始めればいいのか?→たった1つで英文法や英単語の知識も要りません】を読むと参考になるかと思います)。

 

また

 

普段からの話題反応ストックを英語で増やす

 

ことも大切になります。

ニュースでもツイッターでも本でも雑誌でも何でもよいのですが、何かの情報に対して

 

  • 自分はどう考えるのか
  • なぜそう考えるのか

 

について一考する習慣をつけておくとよいです。

 

スマホのメモ機能でふれた情報について1,2行で簡潔にまとめ、そこに上記の2つの考えを付け加えるのも効果的です。

そしてそれを簡単な英語で言えるようにしておくようにしておくと、英会話のときに使えます。

 

 

英語の会話が長続きしないときはテクニックを駆使しましょう

 

外国語である英語で会話をするさいも、基本は日本語で話題を広げる方法を利用することができます。

 

あいての話のキーワードを繰り返したり、詳しく尋ねたり、そして普段からの話題に関する自分の考えのストックです。

 

相手との会話が途切れて気まずくなりそうになったら、ぜひ使ってみてください。